昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

週刊文春が見た“眞子さまの王子”の素顔

 秋篠宮家の長女・眞子さま(25)とのご婚約が内定したICU(国際基督教大学)の同級生、小室圭さん(25)。婚約が近いことを知った「週刊文春」は、折に触れて小室さんの様子を取材していた。

 小室さんは横浜市在住で、一橋大大学院国際企業戦略研究科に在籍しつつ、現在、東京都中央区の法律事務所でパラリーガル(法務職員)として企業法務の書面作成などに携わっている。平日は仕事が終わると、母親の佳代さんと待ち合わせをして買い物などを済ませ、帰途につくことが多い。

「父親が急逝したのは、圭君が10歳の頃。母の佳代さんが女手一つで苦労して育てていました。それだけに親子の結びつきは強く、圭君は何でもお母さんに相談するようですし、佳代さんも圭君を『うちの王子』と呼ぶほどです」(小室家の知人)

 5月14日の日曜日には川崎市内で友人たちと約2時間、フットサルを楽しんだ。

14日午後、神奈川県川崎市のコートでフットサルを楽しんだ“王子” ©文藝春秋

 眞子さまのハートを射止めた“王子さま”。小室さんの人柄や、眞子さまとの微笑ましくも“速攻”だった結婚前提の交際、彼が高校時代に撮ったプリクラなど、詳しくは5月25日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

はてなブックマークに追加