昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

橋賀 秀紀
2017/05/27

1日あたり1425円! 日本一の超格安レンタカーはどこだ?

プロが教える「旅の新常識」

 1日借りて7000円、8000円はあたりまえ。かつて、レンタカーは割高の印象があった。だが、10年ほど前から、LCCのレンタカー版ともいえる格安レンタカーが徐々に普及し、相場は確実に下がっている。

 その代表格ともいえるのが、半日借りて2525円のニコニコレンタカーや、犬をイメージキャラクターとしているワンズレンタカー、イツモレンタカーなどである。こうした格安レンタカーは既存のレンタカー会社とは異なり、ガソリンスタンドや板金店などがレンタカー会社のオフィスを兼用し、車も中古車を利用するなど、人件費や土地代などの固定費を削減することで低価格を実現する新しいビジネスモデルといえる。

ニコニコレンタカー
https://www.2525r.com/

ワンズレンタカー
http://www.ones-rent.com/

イツモレンタカー
https://www.itsumo-rent.com/

 筆者もこれらの格安レンタカーをよく利用しているが、借りるときに駅から遠いことがあるなど細かな点をのぞけば特に不満もない。

「超格安レンタカー」のすごさ

 だが、最近になって、これらの格安レンタカーよりもさらに安い「超格安レンタカー」が登場するようになってきたのだ。

 たとえば2015年以降、全国で事業展開をしているガッツレンタカー。ほかの格安レンタカーの多くがヴィッツ、ノート、デミオといったコンパクトカーを使っているのに対して、ガッツレンタカーは軽自動車を主力とする。

 その代わりに他の格安レンタカーであれば24時間3000円台後半のところがわずか2000円。しかもこの金額には、消費税と自動車任意保険が含まれている。24時間で300km以上走行した場合は追加料金が発生するが、よほど走り回らないかぎり問題ないだろう。ただし、ETCを利用する場合には24時間につき500円の追加料金が必要なので要注意。

 ガッツレンタカーは現在のところ、関東・中部・近畿を中心に展開しているが、まだ店舗数はそれほど多くない。今後の店舗展開が楽しみである。

1日2000円というガッツレンタカー。イメージキャラクターはもちろん(?)ガッツ石松氏だ。https://guts-rentacar.com 

 このガッツレンタカーについて某所で紹介したところ、もっとお得なレンタカー会社を海外旅行情報通である知人のたかまん氏から教えてもらった。それが日進レンタカーである。

はてなブックマークに追加