昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

岡本 浩一
2017/06/11

人はなぜ集団になると判断を誤るのか ホロコーストの謎に挑んだ心理実験

明日からできる脳力10大活用術

なぜ人は非合理かつ非倫理的な命令にも従ってしまうのか?
社会心理学が解き明かす支配と服従のメカニズム

◆ ◆ ◆

 人は集団のなかでは、一人でいるときとは違う判断、行動に走ってしまう――。これは誰しも日常のなかで経験することでしょう。それがどのような論理、メカニズムによるものなのか、実験によって解明しようとするのが実験社会心理学です。

 この学問が本格的に発展するのは第2次大戦後のアメリカですが、その重大な契機となったのは、ある歴史的事件でした。ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)です。その被害の大きさ、行為の残虐さのみならず、科学、哲学、芸術などあらゆる分野で世界をリードしていたドイツで、なぜあれほど多くの人々が非人間的な行為を粛々(しゅくしゅく)と実行したのか、ナチスの非倫理的な命令に服従してしまったのかが巨大な難問として突きつけられたのです。

アウシュヴィッツ収容所 ©iStock.com

 はじめ、人々はいわゆる「ドイツ国民性論」で解釈しようとしました。ドイツ人は上下の秩序が厳しく、規則を杓子定規(しゃくしじょうぎ)に遵守する国民性を持っているから――などの説明がなされました。そうした「ナチス・ドイツが特殊な例外だった」という“人間性にとっては楽観的な解釈”を打ち砕いたのが、実験社会心理学だったのです。

 なかでもスタンレー・ミルグラムによる「服従実験」と、フィリップ・ジンバルドーによる「スタンフォード監獄実験」は衝撃的でした。彼らはごく普通の人間、それどころか知的にも倫理的にも優れていると自負する人間でも、非合理で非倫理的な服従が起こり、他人を害する命令さえ実行してしまうことを検証してしまったのです。

 この2つの実験を見る前に、ソロモン・アッシュが行った「同調実験」(1951年)を紹介しましょう。

 実験は、8人ひと組でおこなわれます(全員大学生)。カードAには1本の線が、Bには長さの違う3本の線が描かれていて、そのうち1本だけがAに描かれた線と同じ長さです。彼らはどの線が同じ長さかを答えます。3本の線の長さの違いは歴然としていて、間違いようがありません。

 最初の数回は全員が正解します。ところが途中から、1番から6番までの回答者が、一致して間違った回答をし始めるのです。実は、この実験の本当の被験者は7番目の回答者ひとりで、あとはみなサクラでした。

 すると、どうなるか? 7番目の回答者はなんと3分の1の割合で、明らかな不正解に同調してしまうのです。アッシュはこの結果に衝撃を受け、実験前の説明の仕方を変えるなど、繰り返し検証実験をしましたが、結果はほぼ変わりませんでした。

 アッシュは1907年ポーランドに生まれ、1920年に米国に亡命したユダヤ系アメリカ人でした。彼の論文にはナチズムやホロコーストへの言及はありませんが、その研究の根幹にあの悲劇の究明があったことは想像に難くありません。

はてなブックマークに追加