昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

亀山 敬司
2017/06/26

亀山会長、今の日本をどう思いますか?

DMM亀山会長に聞いてみた。

Q 亀山会長、今の日本をどう思いますか?

 最近、亀山会長の「戦争は正義vs悪ではない」という記事を読んで感銘を受けました。亀山さんみたいな人はもっとテレビなどに積極的に出て行けばいいと思います。そして、今の日本をどんどん変えていってください。このままじゃ日本は駄目になります。革命してください。政治家になりたいと思ったことはないのでしょうか? (20代・男性・会社員)

A ないね(笑)。期待してくれてありがとう。だけど、俺は今のポジションが気に入ってるんだ。

 今の俺がどんな立場かといえば、たぶん「エロも扱ってるくせに、思ったよりもマトモなこと言ってんじゃんか」てな感じで、比較的暖かい目で見られてる状況だと思うんだ。

 学校で、ふだんは怖いイメージの不良が野良犬に弁当の残り物をあげてるのを見ると「あれ、こいつ意外といいヤツかも」って思うのと同じだよね。

 でも、「意外といいヤツかも効果」ってやつは当然だけど時限効果でね。時間が経てば「意外」が「当たり前」になる。そして、「当たり前にいいヤツ」が下手なことを言うと、「いいヤツだと思ってたのに〜」になり、ちょっとしたことでも「見損なった!」とか言われるようになるんだよ。だから、持ち上げてくれるのは嬉しいんだけど、ハードルが上がるから過剰な期待はしないで(笑)。

 俺が思うに、今の日本はマトモ過ぎるくらいマトモだから、俺みたいな破天荒キャラが面白がられるんだよ。サブキャラだからいいけど、主流になったら速攻で叩かれるし、政治家だったら失言で瞬殺だよ。俺みたいなのが世間に溢れてたら、ウザいと俺自身が思っちゃう。

 俺は芸能人も政治家も目指してないからね。なるべく世間に普通と思われ、普通に商売をしたいだけよ。

 それに、俺は今の日本には大筋満足しているんだ。食うには困らないし、自転車で通勤しても誘拐されないし、財布を落としても戻ってくる。そして、俺みたいな奴でも笑って受け入れてくれる人達がいる。そんな平和で寛容な社会が、少しでも長く続いてほしいなぁって思ってるだけだよ。

 だから、日本のことが心配なら自分で革命してよ。俺みたいなオッさんに頼らないでさ。小さなことからでもいいから始めてよ。

 時代を変えるのはいつの世も若者だよ〜!

 

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加