昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載読書間奏文 藤崎彩織(SEKAI NO OWARI)

パレード――読書間奏文 藤崎彩織(SEKAI NO OWARI)

「おはようございます!」

 薄暗い部屋に響いたのは、まるで試合前の野球部員のような勢いのある声だった。私は思わず

「ハイ!」

 と返事をしてしまった。まだ事態を把握できていない心臓が、慌てて動き出す。時計を見ると、朝の五時。私はいつの間にか録音機材の間で薄い毛布にくるまって眠っていた。

 息を整えて、ちらりと横のソファで眠る我がバンドのギタリスト、なかじんを見た。

 またか……。

 彼の寝言で起こされるのは、何度目だか分からない。

 以前にもトイレに行こうと立ち上がった時に

「ちょっと、タンマタンマ!」

 と、手までつけて制止されたことがある。どうしたの、トイレ使うの? と話しかけると、彼はゆっくりと手を降ろし、何事もなかったかのように眠りにつくのだった。

 吉田修一さんの『パレード』にもそんな話があったな……。私は、若者がルームシェアをする物語を思い出していた。

(『パレード』の中にも、なかじんのように大きな声で寝言を言う男の子が登場する。ちなみに彼の寝言は「あ、踏まないで!」)

 

『パレード』は、五人の若者がルームシェアをする物語だ。彼らの雑多な生活は「密入国した外国人みたい」だと書かれているが、一つの家に何人もの人間が入れ替わり立ち替わり現れる状況は、私たちの生活と似ている、と思う。

 作中にも

「ねぇ、このうちってさ、一体何人住んでんの? このあと、また誰か出てきたりする?」

 と質問をされる場面があるが、読みながら思わず笑ってしまった。私もこの奇妙な質問を、幾度も受けたことがあるからだ。

 我が家、通称セカオワハウスと呼ばれているこの家では、SEKAI NO OWARIのメンバー四人がシェアハウスをしている。

 セカオワハウスができてからの七年間、メンバーだけでなく、スタッフや、友だちや、その日知り合った外国人まで、色んな人が住んできた。

 デビュー前から私たちのバンドのデザインを担当してきたデザイナーとそのアシスタントや、現在ライブでエンジニアとして活躍している男の子。

 就職難の中で音楽企業就職を目指す男の子や、掃除をするという条件で住んでいた女の子等々、世代も職業も様々だ。

 英語を教えてくれるという条件で、外国人に一室を貸し始めたのは三年前。

 初めは日系ドイツ人、次にアメリカ人。それからイギリス人、スペイン人、と続いて、今はまたアメリカ人が住んでいる。アメリカ人の彼とは週に一度は私のウイスキーコレクションから数本取り出して一緒に飲んでいるが、日本語を勉強している彼の最近の悩みは、「美容院」と「病院」の発音の違いが全く聞き取れないことだそうだ。

はてなブックマークに追加