昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大西英男議員がグッチ裕三の推薦文を捏造!?

「がん患者は働かなければいい」との失言で都連副会長を辞任した自民党の大西英男衆院議員(70)。

 元格闘家の須藤元気氏が、大西氏のホームページに掲載された推薦文の捏造について、自身のSNSで抗議しているが、新たにタレントのグッチ裕三氏の推薦文にも同様の疑惑が浮上した。

左:須藤氏と大西氏は関東一高の同窓生だという/右:「となり同志という動機」って何?
須藤元気氏

 須藤氏が語る。

「議員とは10年ほど前に一度会合でお会いしただけ。推薦人になったことも全くないのに、コメントまで掲載されて驚きました。政治家の倫理観は一体どうなっているのでしょうか」

 現在、ホームページ上の推薦人コーナーは全て削除されたが、かつてはタレントのグッチ裕三氏の名前もあった。

「約20年前に自宅が近所だった縁があり、勝手に掲載されてしまったそうです。写真はコンサートの際に撮影されたもので、グッチさんは『許可を出した覚えはないけどな』と話しているそうです」(芸能関係者)

グッチ裕三氏 ©文藝春秋

 グッチ氏の事務所に確認すると、「今回問い合わせがあって初めて知りましたが、コメントは差し控えさせていただきます」と困惑を隠し切れない様子だ。

 大西氏は本誌の取材に対して、次のように答えた。

「いやグッチさんにはご了解をいただいていますよ! 須藤さんについては、共通の知人を介して了解いただいたと思っております。私が世間を騒がせ色々と仲間内で言われたから、須藤さんは声を上げられたのではないでしょうか」

 6月1日発売の「週刊文春」では、須藤氏のインタビューを含め、大西氏の一連の問題について詳報している。

ATTENTION

このスクープの全貌は以下のチャンネルで6月1日より全文公開します。

はてなブックマークに追加