昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

星野 概念
2017/06/13

女性をすぐに好きになってしまいます。どうすればいいですか?

星野概念さんに聞いてみた。

Q  すぐ女性を好きになってしまいます……。

 私は、どちらかというと女性の良いところを見つけるのが得意なタイプで、一緒にごはんを食べたり、一緒になにか仕事をしたりするとすぐに好きになってしまい、もっと長い時間をともにしたい、もっとたくさん会いたい、という気持ちになってしまうのです。未婚ですが彼女はいます(いつか結婚するかもしれません)。どうすればいいでしょうか。世の中に魅力的な女性が多すぎませんか?(35歳・男性)

A その「好き」は、同じ「好き」でしょうか。

 はい、世の中には魅力的な女性が多すぎます。仰ること、とても良く分かります。相談者さまは、きっと女性に限らず、人の良いところがよく見える方なのですね。同じ風景を見ても、人によって注目する場所が違うように、相対した人のどういう部分を強く感じるかは個人差があります。人によっては「あの人はこういうところが惜しいんだよなぁ」なんて揚げ足取りなことばかり言う人もいると思います。でもこれらは個性なので、どちらが良いというわけではないとも思います。

 ただ、ご相談ということは、何かしらでお困りなのですよね。どうお困りかによってお返事は変わってきますが、大きく分けて2パターン、相談者さまがおモテになるか、ならないかで想像してみます。

 まず、相談者さまがおモテにならない場合。これは苦しいですね。だって、すぐに好きな女性ができるのにおモテにならないということは、想いが成就しない可能性が高いわけです。この場合、僕も中高生時代に夢中になった、かの北方謙三先生のお悩み相談「試みの地平線」を思い出しましょう。たちまち、「○○○に行け!」という天啓を得るはずです。

 でもきっと、相談者さまはかなりの確率でおモテになるはずです。なにしろ、結婚するかもしれない彼女さんがいらっしゃるという実績があるし、女性の良い部分を見つけるのが得意という特殊能力をお持ちです。良い部分を見つけてくれるのですから、多くの女性は悪い気がしないはずなのです。ということは、相談者さまのお悩みは、たくさんの女性を好きになってしまうのに成就しない、というよりも、選べない、目移りしてしまって困る、といった溢れる煩悩のようなものに近いでしょうか。

 この場合、真っ先に言われそうなのが「早く結婚しなさい、さすれば煩悩は去るであろう」といった趣旨のことですが、明確な決意なしに結婚された場合、悩み多き日々を送る可能性も少なくないと思うので、その決断に関しては、僕は何も言えません。

 それよりも考えたいのは、色々な女性に抱く「好き」は同じ「好き」でしょうか、ということです。異性に対する恋愛感情や、その芽のような好意を、総じて「好き」と表現しますが、全く同じ相手はいないのだから、同じ「好き」も存在しないのではないかと思うのです。

 せっかく色々な女性に対して「好き」と思える特殊能力をお持ちなのです。動物的に、「好き」と思ったら即突進、「とにかくもっと一緒にいたい」というのも悪くはないと思いますが、その前に、それぞれの人のどこがどれくらい素敵なのか、例えるとしたら何か、など、『「好き」ひも解き遊び』をしてみるというのはいかがでしょうか。言葉を操る「人間」ならではの、ややこしいけど味わい深い、高貴な遊びではないかと思います。そして、それぞれの「好き」をひも解いてみると、結婚を考えるほどの彼女さんより「好き」と思える人って、意外とそんなにいないかもしれませんよ。

 それでも、もし、煩悩に苛まれてしまうようであれば、もう仕方ありません。

「○○○に行け!」です。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム