昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

前田 久
2017/06/14

「クロ現」と共に歩んだ40代から支持を集め8万部。国谷裕子さん初の著書

『キャスターという仕事』――ベストセラー解剖

『キャスターという仕事』(国谷裕子 著)

 1993年4月から2016年3月までの23年間、硬派な情報番組として多くの視聴者に愛されてきたNHKの〈クローズアップ現代〉。その番組の顔として活躍してきた著者が、キャリアの一区切りという意識で書き上げた新書が、順調に売れ行きを伸ばしている。番組に抜擢される前の挫折、放送開始後の悪戦苦闘、阪神・淡路大震災や9・11テロといった大事件と向き合った記憶……自らの波乱万丈のキャリアを、番組の制作事情や時代背景と重ね合わせつつ振り返る筆致は冷静だが、ぐいぐいと読者を引き込んで行く。

「本書は国谷さんの初めての著書なのですが、まるでそうは思えない書きぶりでした。お書きになる文章に思いというか、熱がすごく宿っていたんです。ですから編集する上では、文章に手を入れすぎず、国谷さんらしさを活かすことを心がけました。目次だてもほぼ国谷さんからご提案いただいたものそのままです」(担当編集者の永沼浩一さん)

 新書の読者は一般的に50代の男性が中心だという。しかし本書の読者層は違う。

「読者の比率は6対4で女性の方が多いです。年齢層は幅広いですが、中心となっているのは40代。〈クロ現〉の放送が始まったころちょうど社会人になった世代が手に取っている感触があります。そうした方々には、国谷さんと一緒に歩んできたという意識があるのかもしれませんね」(永沼さん)

2017年1月発売。初版3万部。現在4刷8万部

キャスターという仕事

国谷 裕子(著)

岩波書店
2017年1月21日 発売

購入する