昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ソフトバンク】今の“ミスターホークス”はスワローズと同じ背番号「1」

交流戦 指名対決 テーマ「とり」 文春野球コラム ペナントレース2017

2017/06/07

スワローズもホークスもミスターの背番号は「1」

 長谷川さんとはこの文春野球コラムが始まる前、親睦会でお会いする機会がありましたが、私は次の仕事にすぐにトバなければならず、乾杯しか出来ませんでした。開幕後、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍されている長谷川さん。どんな人なんだろう。そう思って、今までの記事は全部読ませていただきました!
 
 長谷川さんの書いた記事の中でも私が特に好きだったのが〝ミスタースワローズ〟についてのお話でした。読み終わったあと若松さんについてさらにググってた自分がいたくらい。

ミスタースワローズといえば、背番号「1」

 こちら、ミスターホークスといえば、小久保裕紀さんがつけていた背番号9がパッと思い出されます。今シーズンはまたトリプルスリーが期待されてる柳田選手が継承。それと嬉しいことに松中信彦の3でしょ。(今は松田宣浩選手)と言ってくれる方も。

 だけど、私は今のミスターホークスはヤクルトと同じ背番号1。だと思ってます。

内川聖一選手とのツーショット

 かつては秋山幸二さんや柴原さんがつけ、そして今はキャプテン内川聖一選手がつけるかっこいい番号。その内川選手もヤクルトにご縁があるひとり。ベイスターズ時代に、“生きる伝説”杉村繁打撃コーチ(現ヤクルト一軍打撃コーチ)にお世話になっていた、いわば杉村塾の門下生です。内川選手も「杉村コーチがいなかったら今の自分はない」とハッキリ断言していました。

 ブレイクする以前、「お前の特徴って何だと思う?」と杉村コーチに聞かれた時に「ポイントを前に、強い当たりを打つ事です」と答えたところ、こう言われたそうです。「相手ピッチャーもそうやってポイントを前に打たせてアウトにしようとするから、同じことを考えてたらそりゃアウトになるだろ。だったらしっかり引きつけて、手元で変化するボールに対して反応できないとダメじゃないか」と。

 それから、毎日徹底して色んな角度からティーを放ってもらう中で、〝あぁ、この球ってこうやって打つんだ〟とイメージがしやすくなり、意識が変わったそうです。言われる内容は同じでも、伝えられ方でこんなに違うんだと感じた。と。

 そんな、自分を変えてくれた恩師の前で活躍を見せて下さい!と言いたい所ですが内川選手は、残念ながら只今2軍調整中……。 ただ、内川さんがいない間も、そこをカバーできる四番級がヨリドリミドリ。それがホークス最大の強み。代わりに4番に入ったデスパイネ選手や、柳田選手、そして松田選手が日替わりにホームランを放ちチームは明るい状態をキープ。

〝昨年のことを早く払拭しないと。そのためには優勝するしかない!〟と力強く応えてくれた内川キャプテン。

 なので長谷川さんには申し訳ないですが、まずはこの“とり”対決を勝たせて頂きます。ホークスは日本一目指してどのチームよりも鷹〜く飛ぶよ∧( 'Θ' )∧

 だとう、やくると! だとうつばくろうだ〜

打倒スワローズ! 写真提供/松中みなみ

みなみより

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/2844でHITボタンを押してください。

対戦中:VS 東京ヤクルトスワローズ(長谷川晶一)

※対戦とは同時刻に記事をアップして24時間でのHIT数を競うものです。