昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜ、先行き不透明な時代に「純金積立」が有効なのか?

【金融・相続特集】三菱マテリアル 純金積立[マイ・ゴールドパートナー]

先行き不透明な時代の強い味方 三菱ブランドで始める安心の純金積立

古来より世界の通貨として取引されてきた金は、実物資産であるため無価値になるリスクがない。現在のような先行き不透明な時代に強みを発揮する「守りの切り札」としていま金投資が注目されている。

金・プラチナ・銀をひとつの口座で

「当社の金は原料からすべて自社の製錬所で厳重な品質管理とチェックを受けて製造された品位99.99%の純金です。ロンドンとニューヨークの金市場に登録された刻印が国際基準の品質を保証しています」――。そう話すのは、三菱マテリアル 金属事業カンパニー貴金属部の高田部長補佐だ。同社は明治29年から金の鉱山開発および製錬を手掛けており、環太平洋最大級の金製錬企業として知られている。また、電子機器などの廃基板から金を回収するリサイクル処理量は、世界一を誇る。

 そんな世界に名だたる三菱ブランドの金を手軽に売買できる会員サービスが同社の純金積立[マイ・ゴールドパートナー]だ。金の積立購入と購入保管ができるサービスで、前者は月々3000円から無理なく預貯金感覚で着実に積み立てることができる。

 金価格は日々変動する【図表①】ので、なるべく安値で購入し、高値で売却したいものだが、マイ・ゴールドパートナーの積立購入を利用すれば、毎日一定金額分の金を買い付けるため、金価格が安い日には多く、高い日には少なく購入することができる。これはドルコスト平均法と呼ばれ、価格変動リスクを抑える効果が期待できる購入方法なのだ【図表②】。また、スポット購入も利用でき、これは資金に余裕ができた時や相場の状況に応じて買い足すことができる購入方法だ。

 
 

 実際の取引は、インターネット取引を使えば、パソコンやスマートフォンから24時間いつでもアクセスできる。取引の執行時間は、日曜・祝日を除く午前10時から午後5時までだが、「成り行き」や「指値」の申し込みは執行時間外でも可能だ。ネット専用の優遇されたWeb価格でスポット購入や売却ができ、手数料がかからないメリットもある。

 ひとつの口座で金以外にもプラチナや銀の取引ができる点もマイ・ゴールドパートナーの大きな魅力だ。積み立てた金は、現金以外に地金や金貨、ジュエリーで受け取ることができる点もうれしい。先行き不透明な時代の守りの資産として注目されている金。純金積立なら、安心の三菱ブランドで始めてはどうだろう。


あなたも今すぐ「三菱の金」

純金積立の魅力がわかる『誰でもできる純金積立の始め方BOOK』を差し上げます。以下のURLか下記フリーダイヤルからお申し込みください。

資料請求はこちら>>

 
 
はてなブックマークに追加