昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

林 綾野
2017/06/10

巨匠ブリューゲルの代表作が来日『ブリューゲル「バベルの塔」』展――すごいアート

 16世紀のネーデルラントを代表する画家ブリューゲル1世。現存する油絵は40点ほどで滅多に本物は見られない。そんな画家の代表作が東京・上野にやってきた。

「バベルの塔」は旧約聖書に記された物語。天に届く塔を建てようとする人間たちを戒めるため、神はその言葉を混乱させる。会話できなくなった人間たちは建設を諦め、塔はヘブライ語で混乱を意味するバベルと命名された。

 ブリューゲルは建設中の塔を描いているが、驚くべきはその細密さ。建設現場の詳細も見事だが、幅80cmに満たない画面に1400人以上の人が描かれているのだ。

 いったい彼はどうしてここまでしたのか? 緻密な描写に心打たれつつ同じ人間として好奇心を抱かずにはいられない。混乱と感動を引き起こす名画だ。会場には奇才ボスの作品も並ぶので、ネーデルラントの不思議な絵の世界を存分に味わおう。

INFORMATION

『ブリューゲル「バベルの塔」』展
~7月2日 東京都美術館 月休 03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://babel2017.jp/

はてなブックマークに追加