昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松本 博文
2017/06/19

東大に女子が入らない理由 #3

同じ偏差値だったら地方の医学部へ。東大は関東のローカル大になった

地方出身の女子学生比率の低さを是正するため、様々な取り組みを行っている東京大学だが(#1参照)、東大女子は「結婚できない」という偏見や、「容姿が話題にされる」など、置かれている環境は居心地のよいものとは言い難い(#2参照)。さらに卒業後も、仕事と育児の両立が期待され、“現代女子の生きづらさの象徴”になっているという指摘もなされている。(出典:文藝春秋2017年6月号「50年後のずばり東京」・全3回)

学内で一番女子が多い講義

 4月5日、まだ入学式もおこなわれていない東大駒場キャンパスで、教養学部の大人気講義である「ジェンダー論」が開講した。広い階段教室には新入生や2年生が押し寄せ、早々に席が埋まり、立ち見だけでなく、通路に座ってもまだ足りず、文字通り外にまであふれている。担当する瀬地山教授がなかなか教壇にまでたどりつけない、という盛況ぶりである。この講義が特徴的なのは、東大にあって、女子学生の姿が目立つことで、学内の全講義の中で、もっとも女子の履習者が多い講義ではないかとも言われる。もちろん、そうは言っても、目に入る学生の大半は男子である。

画像はイメージ ©iStock.com

 その日、講義の中で1955年の、ある女子大の調査が紹介された。ボーイフレンド(当時は文字通り、男性の友達という意味)がいない、という学生が21%いたという。

「開成から理Iに入ってしもた男子と同じようなもんや」

 瀬地山教授の言葉に、教室内は爆笑に包まれた。中高一貫の男子校から、「東京男子短期大学」の別名もある、主に理学・工学系の理科I類へ進学すれば、異性に触れる機会が少ない。

「必修に女子がほとんどいない。ジェンダー論の教室はいい匂いがする」

 という理I生の声もあるという。

 瀬地山教授が冗談交じりに紹介したのは、理Iの男子が実際に提案したナンパ方法で、正門の前で「僕、家事やります」というプラカードを持って立つというものだ。

「男の4人に1人が結婚できない時代です。まあ、東大の男子はもう少し婚姻率は高いでしょうが。それでも、平均して生涯賃金が3億円にものぼる東大女子は貴重です(笑)。東大生の出身家庭は、アッパーミドルで専業主婦世帯も多く、これが性役割分担意識や、性行動に反映されてしまう。『ジェンダー論』では、学生たちが18歳になるまでにすり込まれた価値観を、改めて問い直すところから始めています」

 今回、出会った学生たちは、驚くほどまじめでしっかりした女子ばかりだった。東大独自の制度に、進学振り分け(3年生以降の進学希望先の学部・学科を1、2年生の前期教養学部時の平均成績によって決める)があるが、彼女たちはおおむね、80点以上(これは高得点)を取って、後期教養学部の国際関係論専攻など難関で知られる学科に進学している。なかには、主に経済学部に進学する文IIから、工学部の人気学科である建築学科へと「理転」した学生もいた。

 優秀な成績をとって希望する学科に進み、多くの尊敬する人に出会い、やりがいのある仕事先に就職する。「意識高い系」という言葉は最近、プラス、マイナス、いずれの意味でも使われるようになったが、自己を高めるために日頃からよく考え、よく行動すること、とプラスの意味で定義すれば、東大女子は意識高めの人が多いようだ。