昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

近藤 正高
2017/06/29

ご存知ですか? 6月29日はビートルズが来日した日です

加山雄三と一緒にすき焼き

genre : エンタメ, 音楽

 きょうはEMIミュージック・ジャパンが制定した「ビートルズの日」。これは、いまから51年前のこの日、1966年6月29日にイギリスのロックバンド、ザ・ビートルズが来日したことにちなんだものだ。折しも、現在放送中のNHKの朝ドラ『ひよっこ』では今週、「ビートルズがやって来る」と題し、ビートルズ来日が題材にとりあげられている。

 6月29日未明、ビートルズを乗せた日航機は台風のため11時間遅れで羽田空港に到着、メンバー4人はすぐさま車で宿泊先の東京ヒルトンホテルに直行した。午後3時15分からは同ホテルで記者会見。夜はホテルの部屋に加山雄三の訪問を受け、一緒にすき焼きを食べている。加山は、ビートルズと同じく東芝音楽工業(のちの東芝EMI、現・EMIミュージック・ジャパン)からレコードを出していた。

 ビートルズの日本公演は、日本武道館で翌30日から7月2日まで、計5回開催される。来日にあたっては終始、警察により厳戒態勢が敷かれ、武道館にも各所に大勢の警察官が配備された。観客は入場までに3~4回、チケットをチェックされたという。

武道館でライブを行った ©時事通信社

 ビートルズの4人もまた滞在中は徹底した監視下に置かれ、公演以外はほぼホテルに缶詰となった。それでも、ジョン・レノンとポール・マッカートニーは7月1日の昼の公演前、ホテルを抜け出すことに成功。ジョンは麻布と青山の骨董店をまわり、美術品を購入している。このとき麻布の店でサインを求められた彼は、自分の名前に、旅芸人などを意味する「Roadrunner」と添え書きしていた(CDジャーナルムック『ビートルズを観た! 50年後のビートルズ・レポート』音楽出版社)。

 ビートルズは7月3日に日本を離れ、次の公演地であるフィリピンに向かった。だが、彼らはこのあと“旅芸人”であることをやめ、スタジオにこもって録音技術を生かしたレコード制作に重点を置くようになる。