昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

今年の冬に蘇る「日活ロマンポルノ」
主演女優は誰に?

source : 週刊文春 2016年4月7日号

genre : エンタメ, 映画, 芸能

橋本マナミなどに期待が集まっている
Photo:Jiji

 1971年から18年間、男性諸氏の欲情を刺激した「日活ロマンポルノ」。今年“生誕45年”を迎え、「裸を題材にした人間の本質的なドラマ」をテーマに、今冬に蘇る。映画記者が語る。

「昨年、制作発表があり、新作を撮る5人の監督が3月半ばにようやく明らかになりました。1週間程度の制作日程で、ロマンポルノの必須アイテム『10分に1回のカラミ』を入れ、70分程度の作品という、昔と同じ条件で作ることに。従来のファンだけでなく、AVしか知らない若い世代の関心も呼びそうです」

 選ばれた監督はホラーブームの立役者となった「リング」の中田秀夫監督、「新宿スワン」など衝撃作品を作り出す園子温監督、「世界の中心で、愛をさけぶ」を大ヒットさせた行定勲監督といった邦画界の第一線で活躍する面々だ。

「当時、裸とセックスのイメージの強かったロマンポルノですが、きちんとした人間ドラマと斬新な映像で、滝田洋二郎ら後の名監督を生んだ。

 今回の監督たちが、ロマンポルノのお約束である“ボカシなし”で、どう見せるかも見どころです。同じ内容にならないように中田は『レズ』、園には『アート』といった別々のテーマが与えられている。各監督がどう料理するかも興味深い」(同前)

 監督が決まれば、次に気になるのは主演女優だ。

「今のところオーディションで決めるという案が進行していて、役者経験の有無も問わないようです。各監督がテーマに沿ってどんな人を選ぶか注目されます」(映画関係者)

 女優のメリットも大きい。

「今やNHKのドラマでも濡れ場シーンがある時代です。ましてや5人の監督は人気もあるだけに注目度は高く、出演することで女優としてのステップアップにも繋がる」(芸能関係者)

 すでに“有力候補”の名前も上がっているという。

「SM映画経験のある壇蜜(35)が断トツ人気。“愛人にしたい女ナンバー1”の橋本マナミ(31)や笛木優子(36)なども面白い存在。演技派では寺島しのぶ(43)でしょうか。異色なところでは起死回生を狙う中島知子(44)や未だに芸能活動が空回りしている酒井法子(45)なども可能性はある」(芸能デスク)

 現代の“昼下がりの団地妻”に期待は膨らむばかりだ。

はてなブックマークに追加