昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「女が嫌いな女」ワースト50 蓮舫、工藤静香、紀香…“嫌われ戦線”異状アリ!【2016年版】

アンケート回答総数2000超

source : 週刊文春 2016年11月3日号

genre : エンタメ, 芸能

偶然にも今週は2人の女性政治家の角逐を記事にしているが、いつの時代も「女の敵は女」。ならば今、最強の「嫌女」は誰なのか。1年ぶりの今回は新顔が続々。女性読者たちの毒舌はキレッキレ。選ばれた皆さん、どんな順位でも「レッツ・ポジティブ!」ですよ。

 11回目となった小誌恒例のアンケート企画。今回も、下は20歳から上は79歳まで、小誌メルマガ会員の女性たちがたくさんの回答を寄せてくれた。総票数はなんと2000超。

 昨年行われた第10回のワースト3は和田アキ子、泉ピン子、安藤美姫だったのだが、今回も貫禄の第1位は2位を大きく引き離して、和田アキ子(66)だった。

和田アキ子 ©文藝春秋

「とにかく偉そうなところが鼻につく」(主婦・34)

「身内びいきなことが多々あるので。もういい加減ご意見番から引退して欲しい」(会社員・53)

 と嫌われる理由にもブレがない。

 そして2位に滑り込んだのが、ベッキー(32)。言わずもがな「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との不倫騒動からの流れで急浮上。

「昔から裏がありそうで嫌いでした。不倫スキャンダルで一気に性格の悪さが露呈してやっぱりと思いました」(会社員・35)

「ファンのことは一切考えてないことがわかった」(会社員・42)

「好きだっただけに、落差が有りすぎた」(会社員・44)

 作り上げてきたイメージの崩壊。その落差がショックだったという声が多い。

ベッキー ©文藝春秋

カンニング竹山が斬る!

 ここはひとつ、1・2位ともに縁の深いカンニング竹山氏にコメントしてもらおう。

「アッコさんは我々も暴力性とかネタにしちゃってる部分があるけど、日頃はすごく“女性”で付き合いやすい60代のおばさん。でももうここまで来たらそれはバレないで『女に嫌われるナンバーワン』でずっといて欲しいですね。それが和田アキ子だから(笑)。でも、ご意見番扱いは『私は代表者じゃない』って本人も実は嫌がってるみたい。

 事務所の後輩のベッキーは、例えば4、5人でファミレスで女子会してたら、女の子はみんな『ベッキー嫌い!』って同調せざるを得ない感じなんじゃない? でも昔からの親友と2人きりで居酒屋で酒飲んでたら『ベッキー悪くないよね。しょうがないよね』ってなると思う。2通りの意見を持たれるのが、いまのベッキーでしょう」

 3位は昨年44位から一気にランクを上げた、蓮舫民進党代表(48)。

蓮舫 ©文藝春秋

「外見中身ともにギスギスしている。ヒステリックに叫ぶ様は、女性としてああはなりたくないと思う典型。良い反面教師です」(学生・35)

「代表選出馬に際し、これまで支持してきた岡田代表を『つまらない男』と言い放つ神経に開いた口がふさがらない。一瞬、自分の耳を疑うほど驚いた。いくらパフォーマンスが上手でも中身は最低」(会社員・56)

「嘘つきだから」(主婦・66)

 と、二重国籍問題も痛手だった模様。攻撃的な性格を如実に表す面差しも嫌われた。顔相鑑定士の池袋絵意知氏が解説する。

「口角のあがった笑顔もいいし、贅肉がなくストイックな点も高評価なのですが、目と目の間が狭い顔相は『攻めは強いが守りは弱い』部分があります。それが露呈していますね」

「2位じゃダメ」。結果は3位だった。