昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

仕事場初潜入!「その釣竿、何に使うんですか?」 “4コマ漫画の巨匠”植田まさしロングインタビュー #3

謎のメモ「コボはおと課長」

パソコン画面の左上にある謎の「コボはおと課長」のメモ

―― この机にぶら下がったり、貼られている短冊はなんですか? 

植田 備忘録みたいなもんです。アイデアを考えるときのやりかた。例えば「コボはおと課長」ってここに書いてあるでしょ。これは「コボちゃんは、かりあげクンじゃなくて、おとぼけ課長の精神状態で行かなくちゃいけないぞ」っていう備忘録。

―― あそこに下がっている「ノンフィクション漫画」というのは何ですか?

植田 ああ、ノンフィクション漫画を描いたら面白いかなって思ったんだよね。

―― ええーっ。ぜひそれは。

植田 でも、これ吊るしたの10年以上前だよ(笑)。こういうのが溜まって、短冊だらけになっちゃった。

朝起きたらまず、ブレスト用のパソコンを立ち上げる

「他人にはわけわかんないかもしれないけど、私にとってはブレーンストーミングするためのメモ」

―― こちらの画面にあるのは何でしょうか?

植田 朝起きたらまずこれと、パソコンの検索画面を起動させてます。これ、チェックリストなんですよ。作品を完成させたり、アイデアを練るときに確認しています。「大きくする、小さくする」とか書いてあるでしょ。他人にはわけわかんないかもしれないけど、私にとってはブレーンストーミングするためのメモなんです。

―― では、この辺は撮影禁止エリアですね。マル秘の仕事術がいっぱいで。

植田 いや別にいいですよ。どうせ見たって同じようにはできないんだから(笑)。

はてなブックマークに追加