昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

森田 和樹
2017/07/16

後半戦から新ルールを追加

 といったように、七夕に行われた選考会は3時間にもおよびました。私は神宮球場に行く用事があったため、最初の1時間しか参加できませんでしたが、後日、コミッショナーから2時間分の音声ファイルが届き、それを聞いていたのですが、まるでトークショーに参加しているかのようでした。

 上の会話では文字数の関係で触れられませんでしたが、どのコラムもレベルが高く、選ぶのが本当に大変でした。今回、惜しくも出場を逃した原稿の中にも、みなさんに読んでほしかったものがたくさんあります。第2回も開催したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 以上、文春コラムペナントレースのコミッショナー(代理)だよりでした。引き続き文春野球をよろしくお願いいたします。

 ……あ、すいません。コミッショナーが何やら明日からはじまる後半戦に向けての追加ルールの発表があるそうなので、聞いてやってください。以上、森田でした。

【ペナント後半戦からの追加ルール】

 こんにちは。コミッショナーです。後半戦から新たに追加されるルールを発表させていただきます。

1、指名対決制度をリーグ戦でも取り入れます。
 交流戦で行いました「指名対決制度」をリーグ戦でも取り入れます。
対戦方法は希望する相手に申し込み、承諾されれば対戦決定という流れです。

 後半戦、すでに決まっているゲームは2つ。来週21日と27日の2週連続で行われるオリックス×東北楽天戦に合わせ、DOMIさんとかみじょうさんによる、文春野球パ・リーグ首位攻防戦を行います。お楽しみに!

2、代打制度の導入
 各球団のコラムニストが指名した人物を「代打」として代わりにコラムを書いてもらうことができます。代打が使えるのは月に3回まで。もちろん一度も代打使わず自力だけでやり抜いても結構です。HIT数は同じようにチームに還元されます。今回フレッシュオールスターに出場したコラムニストの方にも、惜しくも落ちてしまったあなたにも、白羽の矢があたる可能性もあるかもしれません。

 主だったものはこの2つになります。今後もいろいろと用意してありますので、皆さま後半戦も何卒よろしくお願い致します。

 それでは、明日は後半戦のオープニング、横浜DeNA×阪神です。お楽しみに。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。