昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/07/17

池上彰が女子高生に薦める、読書感想文向けの3冊

池上さんに聞いてみた。

Q 夏休みの読書感想文。池上さんはどんなものを読んでいましたか?

 もうすぐ夏休み。夏休みの宿題には毎年読書感想文が必ずありますが、池上さんはどんな本を読んでいましたか? あるいはどんな本がおススメでしょうか。教えてください。(10代・女・高校生)

©iStock.com

A 私が高校時代に読んだ本といえば、堀辰雄『風立ちぬ』や福永武彦の作品集、柴田翔『されどわれらが日々ーー』のような“暗い小説”でしたね。

 その一方で、阿部次郎『三太郎の日記』に取り組むという背伸びした高校生でした。

 いまでも折に触れて読む本としては、吉野源三郎『君たちはどう生きるか』があります。

 質問をくれた女子高校生には、次のような本を推薦します。もう既に読んでいるかも。

梨木 香歩『西の魔女が死んだ』
恩田 陸『夜のピクニック』
小川 洋子『博士の愛した数式』

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム