昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

燃え殻
2017/07/30

燃え殻的「優しさにまで上下をつけないでいいように思います」の哲学

燃え殻さんに聞いてみた。

Q 私の考える優しさと、周りの考える優しさが、ちがう

 初めまして。JKではない18歳です。私は周りの子たちの言う「優しい子」が嫌いです。というのも「優しい子」は、学校を休んだ時にLINEをくれるような子だからです。私の思う優しさは、休んでいた子が学校に来た時に、どうでもいい話を話しかけに行くような子だと思っています。ですが周りの子たちは、私の思う優しい子には気づかず、わかりやすい優しさ(?)を好むようです。やはりぼくりりの歌う通り「お前ら全員馬鹿ばっか」なのでしょうか。それとも馬鹿なのは私の方なのでしょうか。(18歳・女性)

A どっちの優しさも、どんな美しさも、だれがかっこいいかも「しらねーよ」ですよね

 学校を休んだ時にLINEをくれる子も、どうでもいい話を話しかけてくれる子も、優しい子だと思いますよ。優しさにまで上下をつけないでいいように思います。でも好みはあるので、どっちの優しさを大切にするかは決めればいいと思います。

 ボクの知り合いに熱狂的なジャニーズファンがいるんです。会社の有給を全部ジャニーズのコンサートに費やす人間です。朝から晩まで「かっこいい」とか言ってます。ちなみに母は中村雅俊(18歳じゃ分からないと思うのでググって下さい!)が大好きなんです。最近はあまり言いませんが昔は「中村雅俊、かっこいい」の一点張りでした。どっちのかっこいいが尊いでしょうか。「しらねーよ」という声が聞こえてきました。ボクもそう思います。どっちの優しさも、どんな美しさも、だれがかっこいいかも「しらねーよ」ですよね。そんなことより、ぼくりりの曲、あれ大好きです。あれ、超かっこいいですよね!

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加