昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2017年上半期に売れた本は「歴史もの」と「引退後の生き方」――ベストセラー解剖まとめ

genre : エンタメ, 読書

 今どんな本が読まれているのか? 時代背景を読み解く前田久さんによる「週刊文春」の人気連載「ベストセラー解剖」より、今年前半に読まれた本を振り返ります。
(対象は「文春オンライン」2017年1月29日~7月11日公開の記事です。本の部数は記事公開時のものであり、現在は異なる場合があります。ご了承ください。)

◆◆◆

●2017年前半は、時代ものがヒットした

 安定した人気の歴史関連書から、今年前半は少し毛色の違う書籍が頭角を現しました。昨年の「真田丸」ブーム余波もあったかもしれません。

城ファンの期待に応えて21万部。スタンプ帳のおまけも魅力

『日本100名城に行こう』 (公益財団法人 日本城郭協会 監修)

日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき

日本城郭協会 (監修)

学研プラス
2012年4月10日 発売

購入する

成功例の少ない「応仁の乱」で18万部。日本史研究に新たなスター誕生か

『応仁の乱』(呉座勇一 著)

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

呉座 勇一(著)

中央公論新社
2016年10月19日 発売

購入する

●引退世代の「生き方」を描いた

 これもよく読まれました。超高齢化は喫緊の課題です。社会全体から俯瞰すると同時に、ひとりひとりの視点に立つことも、本質を捉えるのに欠かせません。

高齢者だって年上の言葉を聞きたい!に応え16万部

『100歳の精神科医が見つけた こころの匙(さじ)加減』(髙橋幸枝 著)

100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減

髙橋幸枝(著)

飛鳥新社
2016年9月8日 発売

購入する

「定年後」に何を失うのか、どう生きるべきかを描いて14万部  

『定年後』(楠木新 著)  

定年後 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)

楠木新(著)

中央公論新社
2017年4月19日 発売

購入する

寿命100年時代、あなたはどう生きますか? 新しい人生戦略を提示した『LIFE SHIFT』が14万部のヒット

『LIFE SHIFT(ライフシフト)』(リンダ・グラットン アンドリュー・スコット 著) 

LIFE SHIFT(ライフシフト)

リンダ グラットン (著),  アンドリュー スコット (著), 池村 千秋(翻訳)

東洋経済新報社
2016年10月21日 発売

購入する 

もはやマイホームは資産ではない。住宅問題の真実を描いて5万5000部売れた本

『老いる家 崩れる街』(野澤千絵 著) 

●ビジネス本は、「シンプル」「マインドフルネス」「図解」がキーワード

 仕事のノウハウだけでなく、精神面の強さがビジネスの世界で注目されています。タイトルが長めで、本の内容がつかみやすい。

ビジネスマンにリーチして16万部の“マインドフルネス”本

『世界のエリートがやっている 最高の休息法』(久賀谷亮 著)

コピーライターのシンプルすぎる仕事術がヒットして10万部

『「言葉にできる」は武器になる。』(梅田悟司 著) 

「言葉にできる」は武器になる。

梅田 悟司(著)

日本経済新聞出版社
2016年8月26日 発売

購入する

なぜワークライフバランスは実現しない? 職場の問題を図解して5万6000部

『職場の問題地図』『仕事の問題地図』( 沢渡あまね 著)

成功するには「IQ」より「グリット」 やり抜く力の大切さを伝えて28万部

『やり抜く力 GRIT』(アンジェラ・ダックワース 著)

やり抜く力 GRIT(グリット) 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

アンジェラ・ダックワース(著), 神崎 朗子(翻訳)

ダイヤモンド社
2016年9月9日 発売

購入する