昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松居一代を支える「不倫許すまじ」な女性たちと、スピリチュアリズムの関係

速水健朗×おぐらりゅうじ すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ(右)=1980年生まれ。編集者。速水健朗(左)=1973年生まれ。ライター。 ©山元茂樹/文藝春秋

結束を強め続ける松居一代の“家族”

速水 最近は、テレビのワイドショーが松居一代の問題一色になってるね。

おぐら お昼のテレビは松居一代とヒアリで大騒ぎです。どうにかマツイ棒で退治できないもんですかね。

速水 マツイ棒は虫を殺すためのものじゃないから! すき間のほこりを取るためのもの!

おぐら 実際どのくらいの脅威なのか、いまいちピンとこない人も多いでしょう。

速水 でもほら危険じゃない? 日本各地で見つかってて。移動速度も思いのほか速いらしい。

おぐら 1日500キロ以上も移動するとか。

速水 それは速すぎるでしょ。所詮アリなんだから。

©山元茂樹/文藝春秋

おぐら いや、アリじゃなくて。松居一代のほう。1年5ヶ月も尾行されていて、日本中を愛車のフィアット500に乗って逃げていたって。

速水 そっちかよ。後部座席で寝泊まりしたってね。フィアット500はよく知ってるけど、狭くてとても寝るとか無理なのに。

おぐら 芸能人とはいえ、基本はプライベートな問題ですし、ここまで大きく取り上げなくてもいいのでは? という意見もありますよね。病気の可能性も指摘されてますし。

速水 でも、あれは松居一代側がうまくテレビを誘導している。頻繁に「爆弾発表」を予告して、暴露動画をYouTubeに投下するということを繰り返してるわけだから。

おぐら もちろん、かまってほしくてやってるんでしょうけど。

速水 興味深いのは、彼女のブログの大量のコメント欄ね。「あなたを信じてます!」「応援してます!」という支持者たちの声で埋まってるんだよ。

おぐら そういった支持者のことを、松居一代は「家族」と呼んでますね。「家族のみんな!!」と呼びかけていたり。だんだん精神的な結びつきが強くなってきているように感じます。

©山元茂樹/文藝春秋

速水 その一方、夫で不倫疑惑の船越英一郎が所属する事務所のことは「黒い権力」と呼んでいて、ブログでも自分を消しにかかる芸能界の圧力についてはしょっちゅう書いてる。ほのめかしが多いんだけど、強大な敵を作って自分はそれに押しつぶされそうになっているというアピールがうまい。

おぐら 自分は孤独だ、もう還暦だ、無力だ、という弱音と、叩き斬ってやる、命尽きるまで戦う、といった強気な発言と、支持者である「家族」に対する絶大な感謝と、高低差と人情を巧みに使い分けるバランス感覚が人を酔わせるんでしょう。

速水 そういった人心掌握は、小池百合子の戦術とよく似ているね。

おぐら 小池都知事も自民党都連と揉めたときに、「大きな黒い頭のネズミがいっぱい」と言ってました。

速水 松居一代は「黒い圧力で消された」って。抽象的に悪を表現すると、みな黒くなってしまう。でも、松居一代と小池百合子って、並べてみるとおもしろい。女性中心に支持者が多いとこも含めて似てるかも。