昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

マニラの孤児が「3万ペソで母親を買います」 「ブランカとギター弾き」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

孤児のブランカ(サイデル・ガブテロ)は、窃盗や物乞いをしながらマニラの路上で暮らしている。孤児の仲間の恨みを買い、寝床を壊されてしまったブランカは、路上で出会った盲目のギター弾きの老人ピーター(ピーター・ミラリ)に頼み込んで一緒に町を出る。たどり着いた町の路上で、ピーターは歌でお金を稼ぐ方法をブランカに指南する。ブランカの歌声は人々を魅了し、2人はライブ・レストランに出演する仕事を得る。十分な食事と屋根付きの部屋を手に入れたのもつかの間、彼らを妬んだ従業員にはめられて、2人は仕事を失ってしまう。そしてブランカが貼った「3万ペソで母親を買います」というビラを見た人物の魔の手が、ブランカに襲いかかる。

〈解説〉

写真家としてヨーロッパを拠点に活動していた長谷井宏紀が、路上の人々をキャスティングしてつくりあげた長編監督第1作。家族を求める孤児の少女と盲目の老人の交流を描く。77分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆アジア的混沌に惹かれる気持ちはわからぬでもないが、やはり一種のメルヘン仕立てか。チビ少年の俊敏な体技は見もの。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆登場人物の純情やマニラの高温多湿は伝わってくるが、ときおり話を無理に作るのが難点。少女の強気な表情は眼に残る。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆何でも買えるなら母親を買おうという発想が切ない。盲目のギター弾きピーターの微笑みが作品の全てを物語っている。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆『ペーパー・ムーン』の匂いと清水宏イズムの味。個性的なギターの音。簡素な枠組みの中にマニラの街の多元性が充満。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆画面の隅々まで旅人が持つ独特の視点で彩る映像。非職業的俳優の圧倒的な佇まい。耳に残るギターの音色が慕わしい。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film
INFORMATION

「ブランカとギター弾き」(伊)
7月29日(土)よりシネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開
監督・脚本:長谷井宏紀
出演:サイデル・ガブテロ、ピーター・ミラリ、ジョマル・ビスヨ、レイモンド・カマチョ ほか
http://www.transformer.co.jp/m/blanka/

はてなブックマークに追加