昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集
「戦争」を書く 「あのころ」を問い続ける新世代たち

保阪正康×広中一成「歴史に埋もれた中国兵による日本人虐殺“通州事件”を書いた理由 」#1

 戦後72年。かの戦争体験の声が次第に聞けなくなっている今、証言者たちの“孫世代”の中に、声を拾い、研究を深め、表現をする人たちがいる。

 1978年生まれの研究者・広中一成さんは、1937年に日中戦争の中で起きた「通州事件」を再検証し一冊の本にまとめた。日本人居留民ら225人が殺害された大事件は、なぜ日中の歴史認識に翻弄され、忘れられたのか――。

 昭和史研究の第一人者・保阪正康さんとともに、この事件を今、改めて問い直す意味を語り合っていただいた。

広中一成(愛知大学非常勤講師)

保阪 今年で日中戦争が始まってから80年を迎えます。しかし、日本と中国の歴史認識を巡る争いはいまも続いています。特に1937(昭和12)年12月の「南京事件」は、犠牲者数を巡る議論やそもそもそのような事件は存在しなかったとする主張もあり、議論の的となっています。

 一方、南京事件の向こうをはった中国人の残虐性を象徴する事件として取り上げられるのが、南京事件の5カ月前の同年7月に起こった「通州事件」です。盧溝橋事件の直後、北京郊外の通州で日本軍の指導下にあった中国人部隊が反乱を起こし、日本人居留民ら225人を殺害した出来事です。重大な事件でありながら、実は実証的に掘り下げた研究はこれまでほとんどありませんでした。その通州事件を徹底的に調査研究し、昨年には『通州事件』という新書を出した30代の若い研究者がいると知り、ぜひ会ってみたいと思いました。

広中 ありがとうございます。通州事件は戦中、中国人の残虐性を伝える宣伝材料としてしきりに報じられました。ところが戦後になると、戦争のためのプロパガンダだったとして「忘れられた事件」となります。しかし、南京事件が1980年代にクローズアップされたことで、今度は「保守」系の人が、反論の材料として通州事件に注目したのです。まさに時代に翻弄された事件だといえます。

保阪 その雰囲気は実によくわかります。ここで告白してしまうと、私自身も南京事件や通州事件について積極的に論じることを避けてきたんです。これらの事件を論じると、常に他者に利用される。結果、史実を冷静に見つめる作業にはならず歴史を利用した「イデオロギー論争」になってしまうからです。

保阪正康(昭和史研究家)

広中 私もその風潮に疑問を持っていました。そこで歴史学として通州事件にアプローチをするべきだと考えたんです。盧溝橋事件の直後に起こった通州事件は、日中戦争における日本軍最初の失敗なんですよ。

保阪 そうですね。しかも、日本軍の判断ミスで民間人が大量に殺害されたことが重要です。私はこの事件の中にこそ、泥沼化し止めるに止められなくなった日中戦争を読み解く上で見逃せないポイントがいくつもあると考えているんですよ。客観的な情報分析の欠如、事前の兆候の見落とし、初期対応の失敗、責任回避、プロパガンダ合戦……。あらゆる要素が詰まっています。