昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

笑福亭鶴瓶が語る「テレビと家族」#1 今までにない芸人を目指そうとしたら「作らない」ことですよ

作らない笑いだからオモロイ

source : 文藝春秋 2016年5月号

genre : エンタメ, 芸能

大物と対等にわたりあう一方で、後輩にはボロクソにイジられる――そんな国民的芸人の足跡を『笑福亭鶴瓶論』で論じ尽くした、テレビっ子ライター・てれびのスキマさん。そこで、スキマさんによるNHK『鶴瓶の家族に乾杯』密着インタビュー(『文藝春秋』2016年5月号)を「文春オンライン」でも一挙公開します!

一つ作ると全部作らなあかん

©深野未季/文藝春秋

鶴瓶 よくオモロイ人に出会ったり、信じられないような偶然の出来事に遭遇しますけど、これ、引きが強いわけじゃないんですよ。ホントにそうですよ。

 僕、45年この世界にいてるんですけど、昔からこんな人間ですから。テレビ撮ってなかっても毎日こんなんですよ、マジで。それがたまたま『鶴瓶の家族に乾杯』として番組を撮ってるからそう見えるだけで、普段からそんなことがありますね。だから引きが強いとかじゃない。何が言いたいかというと、「作らない」からですよ。芸人ってやっぱり作り込みますからね。だから、今までにない芸人を目指そうとしたら作らないことですよ。一つ作ると全部作らなあかん。作らないとそういう偶然が起きるんですよね。ゲストの方もよう言わはります。「ほんまに作ってないの?」って。

―――

『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK総合)。笑福亭鶴瓶がゲストの希望した土地に「ぶっつけ本番」で行き、そこで出会った地域の人たちと触れ合う番組だ。リニューアル初回はゲストに柄本明を迎え、広島県呉市の大崎下島と豊島へ。

©深野未季/文藝春秋

 私はロケにも密着したが、事前に「作らない」ことへの徹底ぶりに驚かされた。何しろ、現地の人はもちろん我々にも直前まで具体的な行き先が明かされないのだ。

 いざロケが始まると、いきなり「歯を食べた」というおじさんに出会い、「ドンキ1号」なる古い商店に似つかわしくない名前のお店を訪ねると、その店主のおばあちゃんがなぜか頬に大きな絆創膏をしていたり、最後はひょうきんに下ネタを連発させながら妻とのノロケ話をするおじいちゃんに遭遇したりと、次々に強烈なキャラクターの人たちが鶴瓶に引き寄せられていった。

―――