昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

アンセル・エルゴートの眼差しに胸キュン 「ベイビー・ドライバー」――シネマチャート

〈あらすじ〉

天才ドライバーの青年ベイビー(アンセル・エルゴート)は、子供の頃に交通事故で両親を失い、里親のジョーと2人で暮らしている。ベイビーは大物犯罪者ドク(ケヴィン・スペイシー)に大損をさせてしまった過去があるため、ドクが企てる犯罪計画に逃走専門のドライバーとして関わっている。ようやく借りを返し終わったベイビーは、ピザ配達人として、平穏な日々を送り始める。ところが、ドクはベイビーと惹かれ合っているウエイトレス、デボラ(リリー・ジェームズ)の存在を盾に取り、ベイビーを郵便局襲撃計画に強制的に加わらせる。ベイビーはこの仕事を終えたらデボラと町を出ることを決意するが、計画はほころびを見せ始める。

〈解説〉

『ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う!』のエドガー・ライトの脚本・監督作。カーチェイスが繰り広げられるクライム・アクション。113分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★★のっけから音楽と映像の鮮烈なシンクロ具合に興奮。ストーリーや人物造形にやや不満はあるものの、思い切って星奮発。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★★人や車だけでなく、空間まで振り付けようとする監督の冒険が音楽と響き合う。主役はマクイーンとアステアの合体だ。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★★脇を固める俳優陣が濃厚な色気を放っている分、ベイビーの純粋な眼差しに胸キュン。場面展開、音楽、全てが刺激的。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★★最高のガキの映画。iPodのプレイリストを軸に、車と美女と犯罪の世界をカジュアルに改造。軽量で小粋、至福度満点だ。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆ハーレム・シャッフルが流れる冒頭3分が巧妙。カーチェイスと選曲は映像と奇跡的に同期。男子心鷲掴みなエドガー節。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
 
INFORMATION

「ベイビー・ドライバー」(米)
8月19日(土)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー
脚本・監督:エドガー・ライト
出演:アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ、ケヴィン・スペイシー、ジェイミー・フォックス、ジョン・ハム、エイザ・ゴンザレス ほか
http://www.babydriver.jp/