昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 今週の必読

東 えりか
2016/03/12

【ブックガイド】震災はどのように描かれてきたのか――ノンフィクションから小説まで。必読の14冊

『兵士は起つ』『救命』『河北新報のいちばん長い日』ほか

source : 週刊文春 2016年3月17日号

genre : エンタメ, 読書

 地震だけならよかった、と誰もが言う。その後の津波が多くの犠牲者を出し、そして原発をも破壊した、東日本大震災。震災の直後、人々は生き延びるために必死となる。彼らを救うヒーローがたくさん生まれた。

 震度6以上の際「別命なくば駐屯地に急行せよ」という行動基準に従い、隊員たちは部隊へ向かう。杉山隆男『兵士は起つ』(新潮文庫)は自衛官からみた震災のドキュメントだ。「自分は自衛官なのだから」。睡眠も食事も忘れて国民の救出に向かう彼らの姿に、人々はありがとうというしかなかった。

兵士は起つ: 自衛隊史上最大の作戦 (新潮文庫)

杉山 隆男(著)

新潮社
2015年7月29日 発売

購入する

 自らも被災しながら、医師たちは患者たちを救い続けた。海堂尊監修『救命』(新潮文庫)は医師でもある作家が現場に赴き、その時の行動を9人の医師に取材した臨場感あふれる一冊である。津波が襲った翌日、屋上で必死に助けを求めていた南三陸町公立志津川病院の医師や看護師の姿はいまでも記憶に残っている。

救命: 東日本大震災、医師たちの奮闘 (新潮文庫)

海堂 尊(著)

新潮社
2014年2月28日 発売

購入する

 河北新報社『河北新報のいちばん長い日』(文春文庫)は新聞社がどのように発行を続けたかのドキュメント。激震直後、朝刊の制作を決めたが海岸沿いの販売店が津波に飲まれ連絡がつかない。市内の9つの避難所に号外を配ると情報を求めて人々は群がる。瓦礫の中を徒歩で取材をする記者、日夜おにぎりを握り続ける女性職員、ガソリン確保に何時間も並んだ販売部員。驚くほどさまざまな業種の人たちの声がこの本には載せられている。

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙

河北新報社(著)

文藝春秋
2011年10月27日 発売

購入する

 この震災の最大の特徴は、津波の犠牲になって亡くなった人が極めて多いことだ。波が去ったあと、多くの哀しい遺体が残された。石井光太『遺体』(新潮文庫)は釜石の安置所に運び込まれた遺体を前に、確認する人、それを迎え入れる市職員、身元を確認する医師や歯科医、自衛官に丁寧に取材した渾身のルポである。

遺体―震災、津波の果てに

石井 光太(著)

新潮社
2011年10月 発売

購入する

 いまでも問題山積の福島第一原発のメルトダウン。当時の所長・吉田昌郎(まさお)へのロングインタビューに基づく門田隆将『死の淵を見た男』(PHP)は世界を破滅から救った男たちの手に汗握る真実を追った作品。政府はマスコミを通じて「直ちに危険はない」と報じつづけていた。後の朝日新聞による「吉田調書」誤報問題も印象的な出来事だった。

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 (角川文庫)

門田 隆将(著)

KADOKAWA
2016年10月25日 発売

購入する

 川村湊『福島原発人災記』(現代書館)は震災から2週間の報道を記録した日記である。文芸評論家であり大学で教鞭をとる文学者として本来してはいけないネットからのコピペや出版物の引用を使い原子力推進派の発言を検証する。今となっては貴重な記録となった。

福島原発人災記――安全神話を騙った人々

川村 湊(著)

現代書館
2011年4月25日 発売

購入する