昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/08/22

池上さん、視聴率って信じられるの?

池上さんに聞いてみた。

 Q 視聴率はどこまで信憑性があるのでしょうか。

 例えば、関東地区で900世帯に機器を設置して、視聴率を調べているといいますが、わずか900世帯にしかない点が釈然としません。会社や身の回りで人気のあるドラマの視聴率が低かったり、その逆もあり、懐疑的になっています。(50代以上・男・契約社員)

©iStock.com

A 視聴率調査でよく使われる比喩は、スープの味見です。

 スープをつくっているときに、おいしいスープかどうかを調べるためには、全部を飲み干す必要はありませんね。よくかき混ぜてスプーンにすくって飲めば、スープの味が判断できます。

 視聴率も、調査対象が少なくても全体の傾向は判断できるのです。

 ただし、当然のことながら誤差が生じます。視聴率が10.1%と9.9%は、統計学的に言えば誤差の範囲内で、どちらが高いとは言えないのです。

 しかし、人間というのは不思議なもので、視聴率が10%の大台を超えれば、「良かった、良かった」と喜ぶのです。

 ただし、最近は年代によって見る番組に大きな違いがありますから、あなたの周辺で見ている人が少ないこともあるのです。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム