昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/08/23

池上さん、総理大臣は最長何年できるの?

池上さんに聞いてみた。

Q 総理大臣は最長何年できるの?

 支持率に波はあるものの、安倍政権は任期を延長し、戦後最長の政権になるのではないかと言われています。総理大臣は最長何年できるのでしょうか?(20代・女・学生)

©文藝春秋

A 大統領は任期が決まっていますね。

 アメリカの大統領は1期が4年で連続2期まで。つまり最長8年です。

 ロシアは1期6年で連続2期まで。つまり12年。任期があるために、プーチンは2000年から2期(当時は1期4年)大統領を務めたのち、一度は首相になって、2012年に再び大統領になるという手順を踏んだのですね。一方、韓国の大統領は1期5年限り。再選はありません。

 これに対して、議院内閣制の首相は、原則として任期がありません。たとえばドイツのアンゲラ・メルケル首相は、すでに12年も首相の座にいます。

 議院内閣制では、議会で多数を占める政党のトップが首相になるのが原則です。メルケルさんが率いるCDU(キリスト教民主同盟)は、連立を組んで議会の多数を占めていますから、長期政権になっているのです。

 ところが日本の自民党総裁には任期があります。任期が過ぎたら、総裁を辞めなければなりません。ということは、首相の座も降りるのです。

 もし将来、トップの任期に制限がないという政党が政権を取ったら、何年でも首相を続けることができるのですが。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加