昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ローラが所属事務所に送った“内容証明”の中身

ついに立ち上がったローラ ©文藝春秋

「週刊文春」が報じた人気モデルのローラ(27)と所属事務所「LIBERA」の契約トラブルが、新たな展開を見せた。8月20日、ローラの代理人をつとめる弁護士が、事務所に対して、“契約破棄”に向けた事前協議を内容証明郵便にて申し入れたのだ。

「事務所側は彼女に謝罪したいといっているようですが、もはや修復は不可能です。ただちに契約解除を通知するのではなく、まず話し合いを求めたのはクライアントや仕事の関係者に不安を抱かせたくなかったからです」(ローラの知人) 

 トラブルの発端は、7年前にローラが事務所と交わした“10年奴隷契約書”にあった。

前号では本誌記者がLAで直撃 ©文藝春秋

「両者が交わした契約書には有効期間が満10年間と記されていた。しかも期間満了後も事務所の了承がなければ契約を解除できず、さらに10年間の契約が自動更新されるというもの。一般の社会常識とかけ離れており、昨今芸能界で問題視されている“奴隷契約”そのものです」(事務所関係者)

 事務所に送った内容証明で、ローラ側は次のように主張する。

〈貴社(編集部注:「LIBERA」)の意向だけによって、20年間、本件契約に拘束されることになります。これは、あまりにも非常識な期間であり、申入人(編集部注:ローラ)は、20歳から40歳までという最も重大な活動期間について貴社から拘束されうるのです。このような本件契約は、申入人の活動を不合理に制約し、申入人を不当に拘束するものであり、公序良俗に反し無効です〉

 本誌は改めて「LIBERA」に見解を尋ねたが、締切までに回答はなかった。「週刊文春」8月23日発売号では、同事務所に所属した別のタレントの事例なども含め、詳報している。

はてなブックマークに追加