昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

上原多香子「引退もあり得る」 夫自殺の理由があまりに衝撃的

今ひとりで何を思う

 SPEEDのメンバーで女優の上原多香子(34)が芸能生命の危機を迎えている。

 事の発端は、「女性セブン」8月24日・31日号が報じた記事だった。

「3年前に自殺した、夫でヒップホップグループET-KINGのTENNさん(享年35)の遺書の一部を遺族が公開。上原と不倫関係にあった俳優の阿部力(35)との生々しいLINEのやり取りと、それを知った夫の思いが綴られていた。自殺の要因になったことは容易に推測できる内容です。結婚2年で喪主となり、気丈に挨拶する上原の裏に、遺書の中身を知る上原がいたわけです」(芸能デスク)

 公開に至った経緯も衝撃的なものだった。

「『あまり多香子を責めないでやってください』という遺言を遺族は守っていたが、今年5月、上原は演出家のコウカズヤ氏(40)との熱愛が発覚するや、夫の姓『森脇』から籍を抜きたいと申し出た。遺族は上原から解決金を払う提案があったとも明かしています。再婚を考えてのこととはいえ、身勝手さに遺族は激怒、公開に至った」(同前)

 ネット上では「最低の女」「許せない」と上原批判が過熱する一方、不倫ネタ好きのワイドショーは困惑気味。

「同じくSPEED今井絵理子(33)の不倫とは対照的に、解説なしで簡単に内容を紹介しただけの番組が大半。一目置かれる事務所の所属とはいえ、この事態を受けての報道としては不自然。さすがにヘビーすぎる内容ゆえ、扱いに困った末の自主規制という側面もあるでしょう。事務所は12日、名古屋の舞台の初日に楽屋から出て一礼する上原を撮らせたが、舞台を最後に休業状態に入るとみられる」(テレビ関係者)

 小倉智昭(70)だけは「なんで3年前の話で休まなければならないの」と疑問を呈したが、それがまた視聴者のバッシングを受けた。

「事務所はタレントの面倒見のよさで知られますが、上原は13歳で沖縄を出ての東京生活。寂しさを紛らわせてくれるのが恋人の存在ですが、結果、奔放な男遊びに繋がってしまいがち。人目を避ける意図も含めての休業でしょうが、このまま引退もあり得る」(某芸能プロ幹部)

 10代前半でデビューし一時代を築いたSPEED。これは早すぎた栄光の報いなのか。

はてなブックマークに追加