昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載すごいアート

林 綾野
2017/08/25

日本美術の里帰りも。古今東西の名品80点が集結『ボストン美術館の至宝展』――すごいアート

 ボストン美術館は1876年に開館し、そのコレクションは市民からの寄贈や寄付で成り立つ。様々な経緯を持つ収蔵品は「百科事典的」といわれるほど多様な分野を含み、今回の展覧会では、その中から選りすぐりの80点が並ぶ。

 紀元前14世紀までさかのぼる古代エジプト美術から、ゴッホやモネなどの西洋絵画、村上隆など現代美術まで展示品の幅は広い。一作家の個展が多い昨今だが、多分野が入り交じる展示は思いがけない出会いもありワクワクする。

 蕭白(しょうはく)の屏風や歌麿の美人図など日本美術も充実している。英一蝶(はなぶさいっちょう)の《涅槃図》は、この展覧会の為の修復を終え、初の里帰りを果たした。釈迦の入滅を嘆く菩薩や羅漢、動物たちの姿が仔細かつ劇的に描かれ、見応えたっぷりだ。

 観覧後、心に響いた作品は何か思い返してみたい。工芸品か? 絵画か? 写真か? 思いがけない自分の本音と出会えるかもしれない。

INFORMATION

『ボストン美術館の至宝展』
~10月9日 東京都美術館企画展示室 月休 03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://boston2017-18.jp/

はてなブックマークに追加