昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

アメコミ史上初の女性ヒーロー 「ワンダーウーマン」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

女性だけのアマゾン族は、外界から隔絶された島で、戦士として鍛錬を積んでいた。プリンセスのダイアナ=ワンダーウーマン(ガル・ガドット)は、ある日、海岸に不時着した小型飛行機から、初めて目にする男性を助け出す。英国軍のスパイだと身分を明かすスティーブ(クリス・パイン)から、外の世界で戦争が起きていることを聞いたダイアナは、2度と戻れないことを承知の上で、争いを止めるために故郷をあとにする。ロンドンに到着した2人は、軍事会議でドイツ軍の毒ガス砲撃計画の阻止を訴えるが、進行中の休戦協定交渉を理由に却下される。そこで彼らは、計画の首謀者であるルーデンドルフ総監の息の根を止めようとするが……。

〈解説〉

アメコミ史上初の女性ヒーローの活躍を実写化した、アクション大作。監督は『モンスター』のパティ・ジェンキンス。141分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆スタイル抜群美女のアクションは愉しいが、第一次大戦(?)が絡んで半端に現実的に。恋の相手役俳優の魅力もわからず。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆G・ガドットの身体能力は主人公にぴったりだが、超能力発揮の部分に白ける。ダークな感性と不敵な笑いが欲しかった。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆たおやかな成人女性の肉体と、光を放つ鞭を振るうその姿は、M体質のハートを鷲掴みにするはず。シリーズ化に期待。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆画作りも音楽も説教も、やたら野暮ったい。でもガル・ガドットは完璧。永井豪漫画のヒロイン的な美しさとかっこ良さ。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆超人ヒーローを体現するガルは星パン姿のリンダ・カーターの記憶を完全に上書き。でもこの内容で2時間半は長い。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
INFORMATION

「ワンダーウーマン」(米)
8月25日(金)より、全国ロードショー
監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン、デイビッド・シューリス ほか
http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/#/boards/wonderwoman

はてなブックマークに追加