昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

キムタク「HERO」に「似ている」との指摘
松潤主演ドラマの背景

source : 週刊文春 2016年5月26日号

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

 

 嵐の松本潤(32)主演ドラマ「99.9 刑事専門弁護士」(TBS系)が好調だ。

「『半沢直樹』や『下町ロケット』と同じ日曜9時からのドラマ枠で、初回から15%台を取り、今や20%に迫る勢いです」(スポーツ紙記者)

 そんななか、放送記者がこんな指摘をする。

「SMAPの木村拓哉(43)主演でヒットした検事ドラマ『HERO』(フジ系)に“似ている”と話題です。松潤演じる弁護士は型破りな性格ながら正義感が強い。これは木村が演じた検事と被っている。また、どちらのドラマも刑事裁判を扱いながら、コメディー的な要素が混じっている。ファッションも木村はTシャツ姿の検事で、松潤はスーツですがリュック型のバッグを背負ってカジュアルな感じを演出している。両者ともに“息抜き”に使う店があって木村がバーで松潤は定食屋です。

 松潤は同僚弁護士の榮倉奈々(28)と衝突しながらもお互いを意識しているという設定ですが、これも木村の事務官役を務めた松たか子(38)との関係と被っている。

 ネット上でも“弁護士版HERO?”とか“HEROの久利生(木村の役名)がそのまま弁護士になった感がある”などの声が上がっています」(放送記者)

 ヒット作を真似るのはテレビ界の常套手段。ただ、松潤と木村が同じジャニーズ事務所だけにうがった見方もされている。

「木村は退社した元マネージャーの飯島三智氏に育てられ、松潤はメリー副社長の娘・藤島ジュリー景子氏が育てた。ジュリー氏の飯島氏への対抗意識は以前から強く、松潤のドラマをあえて似たものにしたのではないかとささやかれている」(芸能関係者)

 テレビ誌記者もこう言う。

「嵐は松潤だけでなく大野智(35)主演の『世界で一番難しい恋』(日テレ系)も好調。一方、SMAPは前クールの冬ドラマで飯島氏のキャスティングにより香取慎吾(39)が松潤と同じ枠で主演しましたが、平均8.98%と惨敗した。結果的にジュリー氏と嵐はSMAPに代わるジャニーズの顔になったことをアピールできたとも言えます」

 ジャニー喜多川社長が「解散はない」と断言したSMAPだが、この嵐の勢いは9月の契約更改にどんな影響をもたらすだろうか。

はてなブックマークに追加