昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

楠木 建
2017/08/30

『白い巨塔』の変遷にみる 日本の希薄化【後編】

楠木建の「好き」と「嫌い」  好き:田宮二郎の財前五郎  嫌い:唐沢寿明の財前五郎

前編よりつづく)

狂気の田宮二郎

『白い巨塔』は映画化の後も繰り返しテレビドラマ化されている。なんといっても圧巻は1978年の田宮二郎主演のバージョンである。DVD化されてすぐに大喜びで一気に観た。全31回の連続テレビドラマである。立て続けに観るとさすがに長く、映画のような緊張感はない。しかし、その分小説に忠実な筋運びが映像で楽しめる。

 ドラマ版もキャスティングが冴えている。オリジナルキャストの田宮二郎、小沢栄太郎、加藤嘉は言うに及ばず、里見役の山本學、又一役の曾我廼家明蝶らの堂に入った演技は素晴らしい。里見助教授は山本學がベストである。とりわけ異彩を放つのが、花森ケイ子を演じる太地喜和子だ。映画版の小川真由美も今の水準でいえばとんでもないアクの強さだが、太地はそれこそ全身女優、小川が原爆級とすれば、水爆というかICBM級の威力があった。

虚実があいまいになるほどはまり役だった田宮ニ郎 ©文藝春秋

 映画のときは31歳だった田宮もこのときは43歳。原作の財前の年齢設定は42歳だから、映画以上のはまり役ぶりである。とくに終盤の死に向かって転げ落ちていく演技には鬼気迫るものがある。死のシーンに際して、田宮は3日間絶食して癌患者になりきり、財前の遺書も自ら手書きでしたため撮影に臨んだという。で、撮影の翌月に田宮二郎は猟銃自殺してしまう。田宮が財前なのか、財前が田宮なのか、映画の中と現実世界が混沌としてきて、いよいよ虚実が分からない。

自ら命を絶った田宮ニ郎 ©共同通信社

 その後、1990年には村上弘明主演でドラマ化されている。これを覚えている人はそう多くないかもしれないが、2003年の唐沢寿明のバージョンなら記憶に残っているだろう。これは大ヒットしたらしい。らしい、というのは、僕はテレビを観ないので、つい先日まで存在を知らなかったからだ。調べてみると、最終回の視聴率は田宮主演の78年版を凌駕しており、連続ドラマの歴史に名を残す名作ということになっている。