昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

岐阜介護施設5人死傷 疑惑の31歳元職員が独白90分

 7月末から岐阜県高山市にある介護老人保健施設「それいゆ」で入所者3人が死亡、2人が肋骨や胸に怪我を負う“事件”が起きている。

会見する「それいゆ」の理事長 ©共同通信社

「門谷富雄さん(80)が食べ物を喉に詰まらせ、窒息死したのは7月31日のこと。6日後の8月6日深夜、石本きん子さん(93)が仰向けに倒れているのが発見され、翌7日未明に脳挫傷により死亡。8月12日には、中江幸子さん(87)が入浴後、体調を悪化させ、翌日、死亡しています。司法解剖の結果、死因は外傷性血気胸と診断されました」(社会部記者)

立入検査に入る県職員 ©共同通信社

 8月17日には施設から通報を受けた岐阜県が立ち入り検査を実施。さらには岐阜県警が捜査に乗り出し、同月23日には高山署に特別捜査本部が設置された。

「5人は全員、主に認知症患者のための専門棟である2階に入所していた高齢者でした。施設が全職員のシフトを調べたところ、事件当時、5人の介護に当たっていたのはA氏(31)だけだと判明した。そのA氏は同月17日に自己都合退職している。県警はA氏を重要参考人としてマークしています」(同前)

 8月下旬、「週刊文春」記者はA氏の自宅を訪ねた。取材を申し込むと、A氏は「ここじゃ話しづらい」と語り、愛車の助手席に記者を招き入れた。ショッピングモールの駐車場に到着すると、A氏は時折笑みを交えながら、取材に応じた。

A氏には取材が殺到した 禁無断転載/文藝春秋

――門谷さんの事件については?

「食事の介助をしていたのは確かに自分。『(食べ物を)詰まらせたんや』って言えば自分の責任にはなりますし……。食事が終わった後に、戻したものが詰まったとか、まあいろんな(可能性がある)」

――8月6日には、石本さんが自室で倒れているのが見つかった。

「6日は夜勤でした。2人態勢で石本さんに最後に関わったのはもう1人の職員です。血を流している人が倒れているなんて凄い驚きました。そのときにパッと頭を触ったら(骨折した石本さんの頭部が)ブヨブヨの状態というか」

“事件”が起きた「それいゆ」 ©文藝春秋

「週刊文春」8月31日発売号では、5つの“事件”への関与や、職場、家庭内でのトラブルなど、A氏への90分に及ぶインタビューを詳報している。