昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載尾木のママで

尾木 直樹
2017/08/31

尾木ママ「子供の目の前で行われる夫婦ゲンカも児童虐待に含まれます」

イラスト 中村紋子

 厚生労働省の先日の発表で、二〇一六年度の児童虐待は一二万二五七八件、前年度比二万件近い増加で、過去最高を更新したことが分かったワ。調査が始まった一九九〇年度の一一〇一件と比べると、激増と言っていい。虐待の絶対数が増えていることは勿論だけど、定義が広がったことも増加の大きな要因ね。

 児童虐待は「身体的虐待」「性的虐待」「ネグレクト」「心理的虐待」の四つに分類される。殴る蹴るの「身体的虐待」が注目されがちだけど、今回の統計では「心理的虐待」が過半数の五一・五%を占めている。これには子供に直接向けられる脅しなどの言葉の暴力だけでなく、子供の目の前で父親が母親を叩いたり母親が父親を罵ったりする「面前DV」、つまり夫婦ゲンカが含まれるの。面前夫婦ゲンカは児童虐待だっていう認識を、あらためて、国民全体で共有するべきかも!

 児童虐待防止法が施行されたのは二〇〇〇年。四年後には改正されて、大人同士のドメスティック・バイオレンスなど間接的に子供を傷つける行為も児童虐待に含まれることになったの。ボクが公立中学の教員だった頃、機会あるごとにお母さん方に保護者会で呼びかけたものよ。「子育ては、とにかく夫婦仲が良いことが一番! 子供の前でケンカをしないでくださいね」。こう言うと皆さん笑うけど、笑いごとじゃないの! 我々教師から見ると、ご両親の仲がいい生徒は何ともいえずホッコリしている。福井大学とハーバード大学の共同研究で、DVを目撃した子供の脳は縮む、という事実も判明している。逆に家庭環境がいいと脳の海馬が膨らんで記憶力がUPするのヨ、これホント!

 夫婦仲の修復は難しい、なんて言ってる場合じゃない。とにかく、子供の目の前でのケンカはダメ。ケンカをするなら別の部屋か、子供が寝てから存分にやってネ(笑)!