昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

男前女社長・川崎貴子 VS AV監督・二村ヒトシ 春画を見て江戸時代のおおらかさを学ぼう【前編】

日本初の「SHUNGA春画展」が開催、メディアでも大きく取り上げられるなど、春画が一大ブームを巻き起こしています。そこで、女性の就活、婚活相談を多数引き受けてきた川崎貴子さん、アダルトビデオ(AV)業界で男優、監督として活躍している二村ヒトシさんという、現代の男女事情に詳しいおふたりに、春画から見た江戸時代を現代と比較し、男女のありようを縦横無尽に論じていただきました。

左:川崎貴子/右:二村ヒトシ

日本人は大きいのがお好き?

開催中の「SHUNGA春画展」

川崎 私、これまで春画というものをちゃんと、まじまじと見たことがなかったので、男女の性器がこれほどリアルに、しかも巨大に描かれていることにまずは驚きました。あれはどうしてなんでしょうかね。今回、文春新書の『春画入門』(車浮代・著)を読んで、本では、男女の和合はめでたいものであるからというのと、大きい方が迫力があるからと解説されていますが、元々日本の男性が見栄っ張りだからということでもないのでしょうか?

二村 「utamaro(ウタマロ)」という英単語がありますよね。日本人のペニスを指す単語ですが、喜多川歌麿の描いた春画を見たヨーロッパの印象派の画家たちが日本人のペニスはこんなに大きいのかとびっくり仰天して、画家の名前をそのまま使ってウタマロと名付けたというのは有名な話です。

川崎 すごいぞ、日本人男性! みたいな(笑)。今のAVでも大きい人が男優として採用される傾向にあるんですか?

二村 確かに大きい人が採用されやすいですね。撮影している側からいえば、絵的に見映えがいいからですけど(笑)。

川崎 やっぱりそうなんですね。見映えなんだ(笑)。

二村 ただ、実際は大きすぎると女優さんには喜ばれないケースが多いんですよ。小さくてもやさしくて上手な男優さんはモテます。

川崎 私、実はAVをあまり見たことがないんですが、出演している男優さんの大きいモノを見た男性が自分のと比べてコンプレックスにならないのかなと心配で。

二村 なるでしょうね。でも男性だって、見る分にはやっぱり大きい方が好きなんですよ。テレビ画面でポルノとして見るおちんちんは、大きい方が景気がいい感じがするんだよね。

 ただ、はっと我に返って自分のと比べた時にしょんぼりする人はいるかもしれない(笑)。

男女の和合が構図の中心

川崎 じゃあやっぱり、男女の和合はめでたいからというのが一番しっくりきますね。

二村 セックスはめでたいというのは文化人類学的に世界どの共同体でも同じですからね。

川崎 でも日本には性器そのものを崇め奉る奇祭があちこちにありますが、これは日本だけなんですよね。

二村 縄文時代に作られた女性の土偶って下半身が異常にでかいじゃないですか。だから太古の昔から日本人は性器そのものに強い関心を寄せていたんでしょうね。インドや中国の文化では性器ではなく、セックスそのものを重視していたようですが。

川崎 それも本の中に書いてありましたよね。そもそも春画は中国の春宮画が元になっているんだけど、春宮画では男女の性器は誇張されていないのに、日本人は性器の部分だけデフォルメしています。そこに日本人の業の深さが出ているのか、その方がエロティックと感じるからなのか、この本を読みながら二村さんに聞いてみたいと思ってたんですよ(笑)。