昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松尾 諭
2017/09/17

「拾われた男」松尾諭 #7 「最初から22番目の恋をした喜多見の夜」

 初恋は幼稚園の時。彼女の名前は忘れたが、スカートをめくる事でしか愛情表現ができなかった。

 初めて女ができたのは10歳の時、同じクラスの小島さんというフランス人形のような顔をした美少女で、彼女の方から「つきあおーやー」と、交際を申し込んできた。休み時間になると、小島さんをおんぶして校庭にある鉄棒まで連れていき、休み時間が終わるとまた教室までおんぶする、それが彼女とのデートだった。しかし2週間ほどで彼女は鞍替えをした。

まつお・さとる/俳優。1975年生まれ。10月9日(月・祝)19時から放送の「BS笑点ドラマスペシャル 桂歌丸」に出演 ©BS日テレ

「好きや、って言ったら逃げたらええねん」

 中学1年の時、学年でも三本の指に入る新橋さんという美少女に恋をした。彼女はとてもモテるから好きになったのなら早い内に告った方がいいと言う友人の清原にそそのかされ、放課後、新橋さんの家に行った。一人ではとても勇気がないので清原にもついてきてもらった。

 新橋さんの家はマンションの5階にあったが、エレベーターに乗って急に怖気づいた。

「好きや、って言ったら逃げたらええねん」

 清原はそうアドバイスをして5階のボタンを押した。彼は新橋さんの家のインターホンも押してくれ、それに応えたお母さんに、丁寧に自己紹介して新橋さんを呼び出してくれた。

 初めて見る普段着の新橋さんの可憐さに声を失い、鼓動は銅鑼のように打ち鳴らされた。「どしたん?」と訝しむ彼女と「ほら」と促す清原。それらの重圧を跳ね返すほど強く、全身全霊で気持ちを伝えた。

「ボクは新橋さんの事が好きです!」

 そう言い切って、猛ダッシュで廊下を駆け抜け、非常階段で1階まで駆け下りた。鼓動は変わらず激しく耳をついたし、返事も聞いてはいなかったけど、大きな達成感を感じた。初めて女性に気持ちを伝える事ができたのだ。

 心音が落ち着いたころ、清原が5階から降りて来た。彼は笑ってこう言った。

「『ボクはーっ!』って叫びながら走って行ったから何言いたかったかわからんかったって」

 結局、清原が新橋さんにすべてを伝えてくれたそうだ。彼女の返事は、

「友達やから」

 人生で初めての告白で、新橋さんの友情は確認できたが、それ以降彼女と話すことはあまりなかった。

はてなブックマークに追加