昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

冨田真由さん襲撃「対応不十分」
所轄署警官“問題のキャリア”

source : 週刊文春 2016年6月30日号

genre : ニュース, 社会

岩埼容疑者は鑑定留置に

 警察の対応は不十分だった。5月にシンガーソングライターの冨田真由さん(20)が、ファンの岩埼友宏容疑者(27)からライブ会場前でナイフで刺されて意識不明に陥り、その後一命をとりとめた襲撃事件の検証結果を今月17日、警視庁が公表した。

 警視庁担当記者が語る。

「検証では、冨田さんが襲撃される12日前の5月9日から『ファンからのツイッターへの執拗な書き込みをやめさせてほしい』と武蔵野警察署に相談していたのに、署が本部に告げなかったことを問題視。ストーカー事案などを取り扱う専門部署『人身安全関連事案総合対策本部』に『速報して被害者の安全を確保すべきだった』と結論づけました。書き込みも『好意が悪意に変わった変化を読み取るべきだった』として一応は警察の不手際を認めた格好です」

 冨田さんはライブがあることも武蔵野署に事前に伝えていたが、警察官は臨場せず。事件当日には犯人を目の前にして110番通報したが、通報を受けた通信指令本部は位置情報の確認を怠り見当違いの場所に警察官を派遣する始末だった。冨田さんは最後まで警察に望みをかけ、警察は最後まで期待を裏切り続けた。

「会見で言い訳に終始する幹部に記者が激高するなど、記者クラブ内では当初から警察の対応が疑問視されていました。今回、不手際を認めたといっても、『すぐにストーカーと判断するには難しかった』と弁解もしている。検証期間の1カ月が、この結論を導くために費やされたかと思うと、やり切れません」(同前)

 警視庁には苦い教訓があったはずだ。2013年の三鷹市の女子高生ストーカー殺人事件。あの惨劇を受けて設置したのが人身安全関連事案総合対策本部だった。同本部では、ストーカーを扱う生活安全部に突発事件に臨場する機動捜査隊を加え、一見小さな事案でも臨場や逮捕を積極的にして一定の成果をあげてきた。だが、今回の武蔵野署の担当者が、その同本部出身だったというから、救いがない。

 警視庁OBは「三鷹と違い、制度上も事件を防ぐ手立ては整っていたはず。それでも、こんな事件を許した警視庁は上から下までたるんでいるとしかいえない」と憤る。

 仏作って魂入れず、という。問われているのは、もはや制度ではない。警察官の魂だ。