昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/09/19

仕事を受けるか否かはどう決める? 池上彰の仕事術

池上さんに聞いてみた。

genre : ニュース, 政治

Q 仕事を受けるか否か。池上さんはどうやって決めていますか?

 昨年、独立してフリーランスになりました。ありがたいことに、こまごましたお仕事をたくさんいただいており、正直すべての仕事を受けられる状況にはありません。池上さんは仕事を受けるか受けないか困ったとき、どのような線引きをしていらっしゃいますか?(30代・男性・フリーランス)

A フリーランスになると、フリーどころか、仕事なら何でも受けるようになり、かえって自由でなくなるとよく言われるだけに、仕事を断る状況に悩むのは、恵まれていると思います。

 フリーになると、自己のブランド化を図ることが大切だと思います。何でもかんでも仕事を受け、「何でも屋」になることは、経済的にはいいことかも知れませんが、周囲から「あいつの専門は何なんだ」と言われかねません。また、自分の評判を落とすような仕事は、いくら報酬が高くても受けないことです。

「この仕事なら、あの人に頼むのが一番」という評判を築くこと。むずかしいことですが、長い目で見て、生き残るコツでしょう。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム