昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ブリヂストン TOUR B X/XS 飛んで止まる、のバランスが高次元。ツアーユースのスピン系ボール

日米のトップ選手が選んだ、さらに進化した2モデル

 今秋、ブリヂストンのアスリートブランド<TOUR B>から2年ぶりにモデルチェンジした新ボールが登場する。「TOUR B X」と「TOUR B XS」という新たな名称の2モデルは、ともにウレタンカバーを採用したスピン系の“ツアーボール”に分類されるボールだ。それぞれが従来モデルの「TOUR B330X」と「TOUR B330S」の後継にあたり、「TOUR B X」が芯を感じるしっかりとした打感で飛びを重視したモデル。「TOUR B XS」がやわらかいフィーリングでグリーン周りでのスピン性能を重視したモデルとなる。

 TOUR Bのボールは、従来の330シリーズから使用するプロたちから評価が高かった。カバー素材に使われている独自のスリップレスバイト・コーティングは、ラフからでもスピンを掛けやすく、硬さをグラデーション状にしたスーパーハイドロコアは、低スピンの強弾道に貢献していた。その性能に魅了されて、フリー契約になったタイガー・ウッズが、自らブリヂストンにボール契約の話を持ち出したというのは有名な話だ。

 そんな従来のボール性能を損なわず、ディンプルに改良を加えることで弾道安定性の向上が図られているのが「TOUR B XS」だ。打ってみると、確かにフィーリングや性能は従来モデルとほとんど変わらない。「TOUR B330S」を愛用してきたゴルファーが、違和感なく乗り換えられるボールとして改良されているのが分かる。今年の全英オープンで2位になったマット・クーチャーも使っているのが、こちらの「TOUR B XS」だ。

 それに対して「TOUR B X」は、従来モデルよりも反発力の高い中間層を採用し、コアを大型化することでフルショットでの初速アップを実現している。つまりアプローチでのスピン性能を維持しながらも、ドライバーで今まで以上に飛ばせるように進化している。こちらは、今シーズンすでに国内ツアーで2勝している宮里優作、PGAツアーではブラント・スネデカーが使用中だ。

 どちらのモデルも、性能の良さは日米のトッププロの折り紙付き。アマチュアが使っても、TOUR Bシリーズの飛びとスピン性能のバランス良さ、2つのモデルの性能の違いがはっきりと体感できる。2つのモデルを試してみて、自分のエースボールを決めるといいだろう。