昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載桜庭一樹のシネマ桜吹雪

桜庭 一樹
2017/09/24

『笑う故郷』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

問題提起して人々の 心を揺さぶる芸術

 芸術ってなんだろうね?

 まず、国家や権力から自由で、社会に対して根源的な問いを発するもの。一方で、国家から文化として守られ、共存していく面もある。……それってダブルスタンダードっぽいかも?

 という、芸術家的葛藤の只中にいるのが、この映画の主人公ダニエルだ。アルゼンチン出身の男性作家で、故郷の田舎町サラスを舞台に小説を書き続け、このたびめでたくノーベル文学賞を受賞(ガルシア=マルケスがモデルだと思う)。

 彼は受賞スピーチでこう吐露する。

「芸術家の本分は、問題提起して人々の心を揺さぶることです。しかし今回の受賞は、私が権威の意に沿う都合のいい作家になったということじゃないか。いま喜びに勝る苦しみを感じている……」

 ダニエルはその後のお祭騒ぎにもゲッソリ。そして四十年ぶりに、故郷の田舎町にふらりと帰郷した。

 昔の友人知人と再会し、素朴な歓迎を受けたダニエルはうれしそうだ。でも、のどかな田舎町もけっして楽園じゃない。ここだって小さな国家なのだから。ダニエルは“都合のいい著名人”として、次第に町の文化事業に組み込まれていってしまう。

 ダニエル、サラス市長、昔の友人、元恋人、地元の芸術家、若い読者……。登場する全員が、芸術についてや、この世をよりよくするためにすべきことについて、ちがう信念を抱えている。みんなが正しいから、深く考えさせられてしまった。この映画がまさに“問題提起して人々の心を揺さぶる芸術”なのだ。

 テーマが重い分、観客を五秒も退屈させまいと、どんどん展開させる造りも好きだ。最終的には、いい大人が集まる場で生タマゴが飛び交う阿鼻叫喚! まさに“笑う故郷”。

 考えこむわ、笑いすぎるわで、わたしは観てから三日ほど、会う人会う人にこの映画を勧めまくった。

INFORMATION

『笑う故郷』
岩波ホールにて公開中、以後全国順次公開予定
http://www.waraukokyo.com/