昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

人気作家3人の記憶をめぐるエルゴポック革物語

吉田修一・北方謙三・保坂和志

PRsource : 週刊文春 2017年10月4日号

 良質な素材と日本製であることにこだわるエルゴポックのバッグは、持つ人の人生に寄り添い、ともに時間を過ごしていく良き相棒でもある。人気作家3人がエルゴポックの革製品と、その人生を重ね合わせた、記憶をめぐるストーリー。

Story1 吉田修一 「『物語』と出会うとき」
Story2 北方謙三 「皮と革」
Story3 保坂和志 「忘れられない革の財布」


記憶をめぐるストーリー 1

吉田修一 Shuichi Yoshida

外部ポケットや背面の隠しポケットで、優れた収納力を発揮。上部の持ち手でクラッチにもなる2ウェイワンショルダーバッグ ¥31,000(税別)ブラウン、W17×H32.5×D6.5cm。 ブラック、ダークブラウン、アースブルー、グリーン、ミッドナイトブルー、ネイビー、オレンジ、レッドの全9色、牛革、日本製/エルゴポック

「物語」と出会うとき

 革製品を選ぶときには、逆に革のほうからも選ばれているような気がする。

 そんな風に言っていた人がいた。

 それは仔犬や仔猫と目が合うような感覚で、買い物ではなく、出会いなのだと。

 以来、革製品を買うことに慎重になった。その人の言葉に暗示をかけられたみたいに、ショップで革製品を手にとると、手のひらにしっくりとくるものと、こないもの、自分を選んでくれているものと、そうでないものが、なんとなく分かるようになったのだ。

 小説家という仕事柄かもしれないが、出会いとは、二人がそれまでに育んできた物語が、そこでぶつかることだと思っている。

 いくつであろうが、どこの出身だろうが、どんな人を愛していようが、みんなたった一つ、自分だけの物語を持っている。

 そして、手間ひまをかけて作られた革製品ほど、「物語」の匂いがするものはない。

INFORMATION

10月3日(火)~11月4日(土)
東京ミッドタウン ガレリアB1Fに期間限定でエルゴポックのポップアップショップがオープン

■エルゴポック hergopoch.com
お問合せ:キヨモト NC事業部 TEL 03-5843-9011

はてなブックマークに追加