昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載高野秀行のヘンな食べもの

高野 秀行
2017/10/10

怪しげなインド人が作る“納豆カレー”をミャンマーで食べてみた!――高野秀行のヘンな食べもの

謎のインド人が作る納豆カレーの味は?

 ええーっ、やっぱり日本語を知ってるんじゃないか! どこで習ったの?と訊いたが、彼はポカンとしている。真顔で「日本語は話せないし、習ったこともない」と英語で言う。とぼけている様子でもない。

 じゃあ、どうしてこんな複雑で非一般的な日本語をドンピシャの場面で使えるのか。

 英語とビルマ語でいくら問いただしても埒が明かず、ドサクサに紛れるように、彼はフライパンの納豆カレーをどさっと皿にあけた。

 外国語を「鶏肉」「豚肉」「結果はどうなるかわかりません」の三つしか知らない人間が存在するのかという異常な謎が残ったものの、ともかく納豆カレーの試食だ。だが。一口食って気が遠くなった。

 まずい。劇的にまずい。

竹納豆とそれから作った納豆カレー。遠目には美味しそうに見えるが…

 竹納豆はお土産用である。長期間保存するために塩と唐辛子が大量に入っていたのだ。それを味見すらせず、ビルマ風の脂ギトギトで味の濃いカレーにぶち込んだのだから、たまったものじゃない。カレーのルウに納豆をかけて直に食べているような感じだ。

竹納豆と納豆カレー

 気づけば、いつの間にか店主は姿を消しており、若いスタッフがちゃんと一皿分のカレー代金を請求するのだった。なんと、これでカネをとるのか!

 これは今に至るまで、私が食べた中で最高にまずい納豆料理であり、このインド人は今まで世界中で会った中で最も謎に包まれた人物の一人となったのだった。

はてなブックマークに追加