昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

四代目・桂三木助の母が初めて語った「息子の死」

「盛夫はやさしい子でしたよ。いつもあたしのことを気遣ってくれてね。

 それなのに母親に、自殺した姿を見つけさせるなんて……、本当に……」

テレビでも活躍した四代目 ©文藝春秋

 涙をこらえることなく語ったのは、落語家の四代目・桂三木助(本名・小林盛夫)の母・小林仲子さん(88)だ。バラエティやドラマ出演など、落語家の枠に留まらない活躍で一躍人気者になった四代目・桂三木助だったが、2001年に自殺した。今回、四代目の甥(本名・小林康浩)が五代目・桂三木助を襲名したのを機に、仲子さんが演芸評論家の渡邉寧久氏のインタビューに応じ、息子の死について初めて語った。

 仲子さんの夫は「芝浜」を練り上げ、名人と称された三代目・桂三木助。インタビューでは夫から息子、そして現在は孫へと受け継がれた「桂三木助」のDNAについても語っている。

三代目と仲子夫人 写真提供:小林仲子
襲名したばかりの五代目

「お父さん(三代目・桂三木助)は58歳で死んじゃってね。その後を盛夫が継いで四代目になったんですが、これからっていう時にあんな最期でね。

 今年9月、孫のやっちゃんが、五代目を継ぎました。本当はね、やっちゃんが落語家になるのも嫌だったの。本人がなりたいって言い出した時、『盛夫のような思いはしたくないから、絶対ならないで』って、そう頼んだんですけどね。でも落語家になって、ちゃんと頑張って、ここまで来てくれました」

 インタビューの詳細は「文藝春秋」11月号に10ページにわたって掲載されている。

文藝春秋 2017年 11 月号 [雑誌]

文藝春秋
2017年10月10日 発売

購入する