昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

川原 豪介
2017/10/08

【ソフトバンク】今季、印象的だったヒーローインタビュー 3選

文春野球コラム ペナントレース2017

※文春野球コラムは“代打制度”を導入しました。今回、ソフトバンクホークスの筆者は松中みなみに替わりまして代打・川原豪介です。

【松中みなみからの推薦文】
 リーグ優勝が決まった後、少しもやもやっとした試合が続いてたホークス。私もビールかけの後は喜びと喜びと、安堵で抜け殻状態。そんな中……頼れるホークス溺愛芸人の川原にぃさんが二度目の代打で登場してくれました!

【プロフィール】
ブルーリバー川原豪介/かわはら・ごうすけ
芸人 1981年 福岡県福岡市出身
 ラジオでは週3日、ホークスの試合やマニアックな野球話をする番組、『ホークスじゃんじゃん』を担当し、テレビではホークス納会ゴルフ、ハワイ優勝旅行、優勝特番などホークスに関わる仕事をたくさんしている。もちろんプライベートでも観戦しまくる公私共にホークスを愛する福岡芸人!

ブルーリバー・川原豪介 ©ワタナベエンターテインメント

◆ ◆ ◆

 2017年のパ・リーグを制したソフトバンクホークス! 結果だけ見るとぶっちぎりの優勝ではあったが、差が開いたのは8月後半から9月にかけてであって、前半はずっと楽天とのデッドヒート。後半からはそこに西武も加わっての三つ巴の争いとなり、ハラハラドキドキ。非常に楽しませて頂いたシーズンだった。

 そんな今シーズンのペナントレースを振り返る中で、あえて試合中のプレーではなく印象に残ったヒーローインタビューを紹介したいと思います。

球場を盛り上げた自虐ヒーローインタビュー

 まず1つ目は『川島選手の爆笑ヒーローインタビュー』。5月24日のロッテ戦で先頭打者ホームランを含む3打数2安打の活躍でお立ち台に上がったシーン。川島選手がファンの皆さんに突然、

「あの〜1ついいですか? 試合前のスタメン発表の時に1番セカンドベースマン、川島とアナウンスされた時、皆さんがっかりした様なリアクションじゃないですかー?」

「川崎! ワー! 明石! ワー! 本多! ワー! 川島! シーン……みたいになってますよ。川島もよろしくお願いしますねー」

 この川島選手の自虐ヒーローインタビューで球場は大盛り上がり!! そして最後にインタビュアーが、

「今日のヒーロー川崎選手でした〜!」すると川島選手が「なんでやねーん!」

 またしても球場が爆笑。いや、野球も上手くて笑いもとるんかーい! と僕ら芸人からしたら羨ましくてたまりませんでした。

 今年のホークスのセカンドは、川島選手以外に川崎、明石、本多、さらに後半は高田とポジション争いが激しい中きっちり結果も残して、プレーだけじゃなくヒーローインタビューでもファンを魅了した、とても印象に残るシーンでした。

5月24日、お立ち台でポーズを決めて喜ぶ川島慶三と内川聖一 ©時事通信社

「明日はもっと飛ばしまーす」

 2つ目は『柳田選手の有言実行のヒーローインタビュー』。6月6日のヤクルト戦でサヨナラヒットを打った時のヒーローインタビューで、お立ち台に上がった時のシーン。

 まずこのサヨナラヒットというのがスポーツニュースなどではよく流れた、ボテボテの10メートルくらいのゴロがライン上ギリギリで止まった珍しいサヨナラヒットだった。工藤監督もインタビューで長い事野球しているけど初めて見た、と言ってたくらい非常に珍しく面白いサヨナラヒットだった。そしてヒーローインタビューで柳田選手が、

「めちゃくちゃダサいヒットだったんですけど、ヒットに A、B、Cはないので結果には大満足でーす!」

 と笑顔で答えた。職人の様な打者なら、打球の捉え方などヒットでも満足しない選手がいそうだが、細かい事は気にしない天真爛漫な柳田選手らしいほっこりとしたヒーローインタビューで非常に印象に残った。

そして柳田選手のすごいところがこのインタビューの最後に「明日はもっと飛ばしまーす」と言って、次の試合ですぐ特大ホームラン2本! いや、本当に打つんかい! 前日のインタビューのまさに有言実行となった。

はてなブックマークに追加