昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「発達障害」医師と患者の対話 #3――岩波明×勝間和代

日本人の10人に1人に発達障害の特性が見られる

#2より続く

天才性を発揮する一面も

勝間 先生はご著書の中でも、発達障害の人が、時には特殊な計算能力や記憶力を示す「サヴァン症候群」だったり、驚異的な能力を発揮する例を紹介されていましたね。

岩波 明(昭和大学医学部教授)©文藝春秋

岩波 ええ、例えば司馬遼太郎の長編小説『花神』の主人公である大村益次郎などは、典型例だと思います。彼は驚異的な語学の才能に恵まれ、幕末には、軍師として天才的な能力を発揮した明治維新の立役者です。しかし、「お暑いですね」と挨拶されても「夏は暑いのが当り前だ」と真顔で返してしまうようなコミュニケーションの成り立たない人物でもありました。他人の気持ちを推し量る能力に乏しく、感情面で抜け落ちている部分も大きく、発達障害の特徴にぴたりとあてはまる。

勝間 童話作家のアンデルセンの名前も挙げられていますね。

岩波 『作家たちの秘密』を著したジュリー・ブラウンは同書で、アンデルセンの物語世界は偶然のできごとが支配していると指摘しています。ASDの人は、他人の行動は気まぐれで不可思議なものとしか思えない。自分の実生活での体験が規則性のないものに見えるため、彼らの書く物語も因果律から外れる傾向が強いというのです。

 偶然性に加え、もう1つ、ASD的特徴といえるのが反復性です。『マッチ売りの少女』では、少女が辛い現実から逃れるためにマッチに火をつけるという儀式がひたすら反復され、最後のマッチが消えると唐突に物語が終わります。エピソードは反復し繰り返されるが、物語がそこから何らかの因果関係を持って展開していくことがないのが特徴なんですね。

勝間和代(経済評論家)©文藝春秋

勝間 私の友人のある数学者は、自分の周りの数学者には、ASDの傾向のある者が非常に多いと言っていました。

岩波 ASDの方は、ある意味で天才的なひらめきを見せます。常人が思いつかないような角度から画期的な発見をする場合もあり、数学者のみならず、科学技術の研究者なども向いています。彼らはコミュニケーションが苦手な分、チームよりも1人でやる分野でより力を発揮するのです。

勝間 ASDタイプが、思考を“収束”させることに向いているのに対して、私のようなADHDタイプは“拡散”していくイメージが強い。

 そういえば、先生には「マインドワンダリング」という言葉を教えてもらいましたね。

岩波 マインドワンダリングは、現在行なっている課題や外的な環境の出来事から注意が逸れて、自発的な思考を行なってしまう現象を指します。これは創造性と非常に関係が深く、発想の数の多さや多様さ、非凡さを生み出します。

勝間 ADHDの私にとってはマインドワンダリングしている状態が当り前です。

 だから、「なんでそんな突拍子もないことを思いつくんですか?」と聞かれると、逆に「なんでこんなことが思いつかないんですか?」ということになってしまう。

岩波 マインドワンダリングは、18世紀にさかのぼる概念です。ADHDの研究者であるトム・ハートマンは、ADHDの症状といわれるものは実はプラスに働くんだと述べています。「計画性のなさ」は「柔軟性」を意味し、「かなりの集中力を示すが持続時間が短い」というのは、「即断即決し、全力で次の行動に移れる」と説明しています。

 従ってADHDというのは病気ではなく、むしろ個人の特性だと考えたほうがいい場合もあるわけです。