昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松中 みなみ
2017/10/28

【日本シリーズ】“めんどくさい人”松中信彦の魅力

文春野球コラム 日本シリーズ2017

【監督・梶原紀章からの推薦コメント】
 やはりスタートはパ・リーグ独走のホークスから! 脈々と受け継がれているはずの三冠王パワーに期待しています。ただお願いですからポストシーズンでブレーキにならないでください! 新庄さんではありませんがこれからはコラムもパ・リーグです! パ・リーグの力を見せつけましょう! WE ARE パ・リーグ!

◆ ◆ ◆

 皆さんこんにちは、松中みなみです。文春野球コラム日本シリーズの第一戦。梶原さんに指名していただきました。これが本当の今シーズンラスト投稿になります。

 あっという間に日本シリーズまで来ちゃいましたね。

 リアルプロ野球の方ではソフトバンクホークスが日本シリーズ無事進出☆☆ 今夜からDeNAベイスターズとの戦いが始まります! 絶対に負けん!! 集中してホークス応援するためにも、パ・リーグの初陣切りますっ。

 文春野球コラムが始まって、いつもと違う視点が加わって野球を観ていたシーズンでした。簡単にいえば、なんかネタないかな〜。と。

 なにかと野球やメディア関係者の方々に読んで頂く機会が多かったみたいで、「いまみー(今宮健太)の記事良かったよ!」とか「大場(翔太)くんの引退後の今、ビックリしたわ!」と会うたびに言ってもらえて、少しだけ記者さん気分を味わう事が出来ました。

嘉弥真投手が子供の似顔絵を描いてくれた

 今年活躍してくれるだろう、して欲しいと期待して、4月に取材した嘉弥真(新也)投手。シーズン通してずっと一軍のマウンドで観れたこと、めちゃめちゃ嬉しかったな〜。プロ入って自己最多の58試合登板。パ・リーグ7位ですよ! 防御率も2.76。色々頑張った!

 文春コラム用に嘉弥真ベビーの似顔絵を色紙に描いてくれた嘉弥真画伯。涙流すほど大笑いしながら取材した日がもはや懐かしい。あの爆笑のイラスト、イベントでファンの方にプレゼントしたけど飾ってくれてるかな??

嘉弥真画伯のベビーの似顔絵 ©松中みなみ

 心残りなこともあります。ペナントレースのどこかで必ず書きたいと思ってたニィニィの記事が書けなかった事。

 かみじょうたけしさんの時みたいに対談してもらう予定だったんですけどね。ケンカしちゃったんで、流れました。

 あ、ケンカと言ってもよくある日常喧嘩です! 兄妹喧嘩のような親戚喧嘩?

 またすぐ仲直りするんでそしたらいつかどこかで書きたいな。

 ニィニィは選手の時から無骨でザ・背中で語るタイプでした。なんでそんなぶっきら棒なの? と思う事もあったけど、シャイだから正面から優しさを見せれない松中信彦スタイルなんですよね。ああ、めんどくさい人。

 だけど。意外と後輩思いなところもあって。バッティング理論なんかを話し出すと、後輩が理解するまでとことん付き合ってたし。教える事が好きだし、伝え方も上手でした。