昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小宮山 雄飛
2017/10/26

妻との関係に悩んでいます――小宮山雄飛の「お悩み食堂」#17

<お悩み>妻との関係をどうしたらいいでしょうか

 はじめまして、私は保険のセールスマンをしています。

 30年前に入社した際に先輩から「保険は足で稼げ」と教わったとおり、今でもお客様の元への訪問を基本に、日々外回りをしています。

 そんな私の悩みは家庭での妻との関係。

 外回りの営業で、家に帰る頃には毎日くたくた、妻とろくに会話もないまま布団に入って寝てしまうことが多く、妻はそこが不満。

 先日も仕事から帰ってきて、疲れはてて居間で横になっていたら、

「いつも横になってゴロゴロしてて、たまにはシャキっとしてよ!」

 と怒られました。

 たしかに妻の言い分も分かります。20代、30代の頃は私だってそれなりにシャキっとしていたのですが、50代をなってからは体力の限界もあり、外回りの営業で毎日くたくたになってしまい、どうしても家ではだらだらしてしまいます。

 残された妻との大切な時間を考えると、そろそろ体力的に楽な部署に異動させてもらおうかとも考えています。

 30年続けた仕事をとるか、妻との時間をとるか、今後の人生を考えるとどうしたらよいものか悩んでおります。

(50代・男性・保険セールスマン)

(小宮山雄飛の回答) 

 30年前の先輩からの言葉を守って、くたくたになるまで同じスタイルで働き続けてるなんて、仕事へのプライドを感じて、僕はむしろ素晴らしいと思いました。

 さて「くたくた」という表現はなんとなくネガティブな表現として使われることが多いですが、必ずしも悪いことばかりではありません。

 例えば辛うまラーメンの名店「蒙古タンメン中本」の蒙古タンメンに乗ってくる野菜。文字通りくたくたになるまで煮込まれているのですが、それが辛くて濃厚なスープによく合って美味いのです。僕はあのくたくた野菜が好きで、いつも大盛で頼んでいます。

 先日「蒙古タンメン中本」の目黒店で「冷やし味噌やさい」なるメニューを見つけて、中本の野菜好きとしてさっそく頼みました。

 なぜかいつもより待たされたのですが、やっと出てきたその麺はつけ麺スタイルで、つけ汁の方にこんもりと野菜がこれでもかと盛られています。

 ではいただきまーす! と、さっそく野菜から一口食べてびっくり!

 シャキっとしてる!!

 くたくたが売りなはずの中本の野菜が、めちゃくちゃシャキっとしてるではないですか!

 なにかの勘違いかと思い、改めてもう一口食べて、

 やっぱりシャキっとしてる!!

 そうなのです、実はこの「冷やし味噌やさい」というメニューだけ、くたくたに煮られたいつもの野菜ではなく、注文を受けてから中華鍋で炒めるシャキシャキの野菜が乗ってくるのです。いつもより待たされたのもそのせい。激辛スープにシャキシャキの野菜がマッチして、麺と別にこれだけでご飯を一杯食べたくなるほどの美味しさです。

 しかしこちらのメニュー、目黒店など一部の店舗での限定メニューなので、いつでも食べれるわけではありません。

 そこで、いつもは中本特有のくたくた野菜を楽しみ、たまに目黒に行った時は冷やし味噌やさいのシャキっとした野菜を味わうというのが、中本好きのスタイル。

 このように、いつもはくたくたでもたまにシャキっとしてみると、どちらも魅力が倍になるというもの。

 くたくたになるまで働くこと自体は決して悪くないですが、たまにはシャキっとした姿も見せれれば、奥様もまた旦那様に惚れ直すのではないでしょうか。どうぞ参考になさって、仕事も夫婦関係も末長く充実させてください。

野菜シャキシャキの「冷やし味噌やさい」

 ちなみに東京で野菜たっぷりで美味しい麺といえば、澄んだスープが魅力の西荻窪「はつね」のタンメンに、こちらも老舗の三軒茶屋「来来来」のちゃんぽんなどもおすすめです。

蒙古タンメン中本
全国20店舗展開
http://www.moukotanmen-nakamoto.com/

はつね
杉並区西荻南3-11-9
03-3333-8501
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13000717/

来来来
世田谷区太子堂4-27-10
03-3412-2918
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13001390/

「小宮山雄飛の『お悩み食堂』」では、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム