昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

民進党が復活する方法 その第一歩は前原代表解任!?

偽メール事件に続く自爆 ©文藝春秋

 自公圧勝観測が流れる中、もう1つの熱い戦いが繰り広げられている。野党第一党の座を巡る争いだ。

 野党第一党だった民進党は、9月末、前原誠司代表が主導して、小池百合子都知事率いる希望の党に合流する方針を決めた。だが、小池氏が民進党のリベラル派を排除したため、一気に党勢は失速。希望への合流を拒否した枝野幸男氏らが中心になって結党された立憲民主党が健闘している。

「こうした情勢を受けて、そのまま残っている民進党の参院議員からは『民進党復活』を求める声があがっています」(民進党参院議員)

 その計画の第一歩となるのが、前原代表の解任だ。

「野田佳彦元首相や岡田克也元代表、安住淳氏、江田憲司氏ら、無所属で衆院選に立候補した元民進党幹部たちは、党籍は民進党のまま。彼らや参院議員たちが、衆院選後の両院議員総会で前原代表を解任するのです」(同前)

 民進党の規約では、党大会で「代議員の2分の1以上の賛同がある場合は、代表解任選挙の実施を発議することができる」とあり、「特に緊急を要する事項」などに関しては、両院議員総会の議決を党大会の議決に代えることができる――と書かれている。

 民進党復活に動く関係者はこう語る。

「まず前原氏を解任し、新代表を決め、残っている党の金を掌握する。その後、立憲民主党と合併する。台風の目となった立憲民主も意地があるでしょうから、新代表は枝野さん。党名は『民主党』を復活させる手もあります。希望で当選できるのは、地盤のある旧民進党議員がほとんど。彼らの中にはリベラル系も少なくなく、こちらに来るはず。そうなれば我々が野党第一党です」

 つまり、無所属の元民進、立憲民主、希望の元民進が再結集する形になるのだ。

「一度は希望の踏み絵を踏んだにもかかわらず、急失速を受けて無所属で立候補した候補もいる。勝ち馬に乗ろうとすることで知られる原口一博元総務相はその代表ですが、選挙後をにらんでのことでしょう」(同前)

 一方で、民進党から“排除”される人たちもいる。

「リベラル色が強くなるので排除されるのは保守系の議員、細野豪志氏ら真っ先に離党し希望を結党した連中、そして何より前原氏です」(同前)

 衆院選という壮大な茶番劇を経て、野党第一党・民進党は復活するのか。